メイン | 2006年06月 »

『霞ヶ関いなかっぺ官僚・アメリカは田舎の留学記』(柏書房 1983年)

(1) 「信濃毎日新聞」(1983年9月19日)

広大な農村にこそ素顔

「霞ヶ関いなかっぺ官僚」と表紙のてっぺんにある。中野市の農家出身で農水省のお役人であるが、歯切れがよくて、いなかっぺに自信を持っている。政府長期在外研究員として、昭和51年から丸2年間、アメリカに留学。が月並みに大都市には行かなかった。ワシントン州シアトルとカンサス州の田舎町マンハッタンを根城にあちこちまわったときの模様を、みずみずしい筆致でユーモアたっぷりに書きとめている。アメリカ探訪の本は数多いが、題名にあるように視点を農村に据えたものは珍しい。読んで、改めてアメリカの別の素顔に気付く人も多いだろう。

…….といっても本の中には、いかにも農水省の行政マンらしく、アメリカ農業の観察や日米農業の比較論も散見する。

…….だが、それ以上に生き生きとしているのは篠原さんが留学中であった人々との交遊録やアメリカ文化見たままを書いた文章だ。宗教がアメリカ人の生活といかに抜き難く結びついているかを述べ、それに対し、日本人は周知の知人らに帰属する“人信教”を信じていると述べた「アメリカの中の日本」の章。アメリカ人学生は日本人の学生と比べるとはるかに勉強するし、シビアであり、真面目であることや、マリファナや覚醒剤に取り付かれた学生、メキシコ人の学友との旅行記をつづった「アメリカの仲間たち」の章など面白い。「留学して、一番よかったと感じるのは、実にたくさんの人々と知り合えたこと」と楽しげに語る。

それにしても、外国からの留学生を受け入れるシステムが整っているアメリカ、特に地方を見ると、日本の将来が心配になるそうだ。

「見知らぬ留学生に対し世話を焼いて、親切にしようというのは宗教的倫理観に基づいているのですね。そのように、アメリカはいかに一部に乱れがあろうと、健全な市民の層というのは実にかちっとして、テコでも動かない。それが地域というものの基礎となっている。それに対し、個人的規範の弱い日本はどうでしょうか。地域社会のルールが崩れればガタガタとなってしまうのでは。あるアメリカ人の学者は日本の人口の半分が『純』サラリーマン化して流浪の民になった時、日本の繁栄は終わるといっていましたが・・・」




(2) 「毎日新聞」(1983年9月15日)

ひと欄

現職は農水省大臣官房企画室企画官で水田利用再編対策に取り組んでいるが、入省4年目から2年間、米国に留学していた。その間のことを同省の広報誌「AFF」に連載していたが、それが出版者の目にとまり、このほど本に。その題が『霞ヶ関いなかっぺ官僚・アメリカは田舎の留学記』というのである。「私、信州は北の果ての中野の生まれなもんで、出版社がこんな題をつけた」

農水省の官僚だから当たり前だが、この留学で1番痛感したことは日米双方とも、相手方の農業を理解していないことだという。日米ギャップの中ではこれが1番大きな問題ではないかと。

「例えばアメリカの農業を指して農業先進国型産業論というのが一時わが国であった。農業は人的資本の大切なもので先進国でのみ繁栄できる産業であるという。ところが私に言わせればアメリカの農業は土を肥料と農薬でごまかしトラクターで掘り返して、将来の潜在力を殺し、現在の生産力を高めているだけ。これは途上国の焼き畑農業と全く同じで自然を破壊している産業と言える。いずれアメリカの農業はだめになります」

「最近の日本の農業はこのアメリカの悪い面ばかり取り入れようとしてきた。そして石油漬けに。ところが古来、日本の農業の根底にあったのは風土と気候を生かして自然をリサイクルさせる、省資源、省エネルギーの見本のようなものであったのですね。だから日本の農業、アメリカのまねなんかしなければ生き残れる」

そんなわけで「今、日本ほどアメリカの農産物輸入している国はないが、2-30年たてばアメリカからそうギャースカ言われないようになる」だと。ただの“いなかっぺ”ではない。




(3) 「北信ローカル」(1983年9月2日)

…….文章の終わりの方に「ヤキマ(ワシントン州)と中野市(長野県)」の項があるが、この中で、留学2年目の夏、ワシントン州ヤキマをカンサス州に向けて、ぶらりと通り抜けた時があるカスケード山脈の盆地に、リンゴとモモとブドウ、そしてホップがあり中野の特産物が勢揃いした。

「気候的にも地勢的にもまさにそっくりであった。あたりを見回すと、中野同様山々の緑が何かを語りかけんとしていた。愛郷心が人一倍強く、また、おせっかいな僕はすぐ姉妹都市を考えたのだが、すでに、このヤキマはリンゴが結んだ縁で青森県板柳町と結んでおり交流がさかんに行われていた」など郷里中野を持ち出す場面も随所あり、親近感をいっそう感じさせる。

『EUの農業交渉力』(農村漁村文化協会、2000年10月)

(1) 「毎日新聞」(2000年12月24日)

書評者が選ぶ2000年『この3冊』 - 京都大学名誉教授経済学 伊東光晴

ガットのウルグアイ・ラウンドへの交渉にOECDに籍をおいていた人がとらえ、切り込んだ研究。フランスのしたたかさがよくわかる。日本も学びたい。


(2) 「農林水産図書資料月報」(2001年1月号)

(京都大学大学院農学研究科教授  加賀爪優)

本書の著書、篠原孝氏は、ガット・ウルグアイラウンドの交渉が大詰めを迎えた時期(1991年7月から1994年7月までの3年間)に、パリのOECD日本政府代表部に勤務し、現地のお膝元から交渉の成り行きを具に観察してきた。著者はそれ以前から農林水産省の各部局で、常に何らかの形で国際交渉に関与してきた経歴を持っている。本書は、その経験に基づいて書き下ろされたものである。それ故、類書を見ない臨場感に溢れる内容となっている。

……著書によれば、本書の目的は、「ウルグアイ・ラウンドの交渉におけるEUの動きを明らかにするとともに、その間の共通農業政策(CAP)改革の動きを追うことである」。また本書の特徴は、ガット事務局の膨大な資料に依拠し、克明に整理した図表を使っていること、交渉過程の中心人物をクローズアップしていることである。

……EUの巧みな交渉術を持ち上げる余り、わが国の交渉姿勢に対しては、硬直的で、決まりかけたルールを四角四面に受け止め、防戦に徹するのみと、評価を下している。わが国に対する厳しい論調はこれにとどまらない。産業界、マスコミ、国民性までに及んでおり、フランスとの対比を強調する形でことあるごとに辛辣な注釈が加えられている。それだけに本書にかける筆者の意気込みがひしひしと感じ取られ、読者に殊の外アピールする度合いを増している。

……EUのウルグアイ・ラウンド農業交渉の巧妙さが、見事に浮き彫りにされ、まるで推理小説のように登場人物の性格、発言内容とその狙いおよび効果に至るまで劇的に描写され、極めて迫力がある割には、それからの教訓としてまとめられている事項がやや月並みすぎる印象を受ける。

しかし最後の土壇場(1993年12月の前半2週間)の駆け引きの攻防を実に40ページ以上にわたって詳細に追跡している描写は圧巻である。これは冒頭で指摘したように、現場で数年にわたって定点観測してきた筆者にしかできない離れ業である。交渉の裏にある各国の陰謀めいた腹のうちと凌ぎ合いについて、推理小説を思わせるようなタッチで描写されている。若干探りすぎではないかと思われる程の生々しさではあるが、制度の理論的説明に終始した堅苦しい研究者の書物とは一味違うユニークな書物である。今後のWTO交渉の行方を探る上で必読の書であり、ぜひ一読をお薦めしたい。

『第1次産業の復活』 (ダイヤモンド社 1995年)

(1) 「信濃毎日新聞」(1995年11月26日)

(社会農学研究所長 安達生恒)

著者は中野市生まれである。中野はコメや野菜のほかにリンゴ、モモ、アスパラなどができる豊かな農村で、著者の生家もそういう専業農家だった。

農水省に入ると2年ほど米国に留学し、その中で農家に泊まり農業を手伝った経験も持ち、その体験を書いた本も出した。さらに近年はOECD日本政府代表部参事官として3年間パリに住み、暇を作ってはフランスの農家に民宿し、その生活をつぶさに見てきた。そして今は水産庁企画課長の要職にある。農水省エリート官僚には珍しい出自と体験を持つ著者が、この本で訴えているものは何か?

日本は世界人口の2%しか占めていないのに、世界の農林水産物貿易額のうち農産物で8%、木材で20%、魚で28%を輸入する「恐ろしい国」、「世界で最もゆがんだいびつな国」となった。21世紀の世界課題は環境、資源、人口、食糧問題にあり、それを解く鍵は第1次産業の振興にある。また日本の国内問題である高齢化、過疎、過密、人間疎外、社会連帯の崩壊、教育の荒廃を正す基本は第1次産業にあるというのに、日本の第1次産業の衰退は目を覆うばかりである。著者はそれを憂い、この本を書いたという。

……疑問がある。……それは官僚機構の宿痾か、農業「族議員」のせいか?だったら著者はさっさと官吏をやめて郷里から衆議院に立候補したらどうか?郷党はもちろん、父上も大賛成だろう。そういう議員が出ないことには、第1次産業はますますダメになるばかりだ。

……著者の指摘は今、地方では通念となった感がある。「政策編」の続編を切に期待する。




(2) 「サンケイ新聞」(1995年11月19日)

先人の哲学を通した自然賛歌  (客員論説員 箱崎道朗)

この本はエコロジストを自認する著者による自然賛歌の書である。著書によると、日本の河川の流域が他国では見られないほど安定しているのは、江戸時代に日本中で行われた治水事業のおかげであるという。江戸時代の治水事業は土木工事の面でも非常に優れていたが、それ以上に優れていたのは「治水は治山にあり」という発想であり哲学であったという。

……いまも鬱蒼と繁る樹齢180年の杉や檜の国有林は、元をただせば江戸時代に村人総出で何10年もかけて植林されたものであるという。

……日本の凄まじいばかりの自然破壊がなぜ起こってしまったかについては、この本は書き尽くしていないところが多いが、自然の恵の深さを知る上で貴重である。




(3) 「エコノミスト」(1996年2月26日)

本書は、日本の農林水産業の将来に悲観的な世の「常識」を打ち破り、第1次産業の持つ新しい役割とビジョンを説くユニークな書である。

日本は資源に乏しいという「常識」に対して、水、土、太陽、森、草、海に恵まれた豊かな「リサイクル資源大国」であると論ずる。日本農業は競争力がないという「常識」に対して、米麦一貫生産体制、有畜複合経営等を柱とする「日本型農業」こそ進むべき道であるとする。農村漁村の過疎化は不可避であるとする「常識」に対して、欧州のグリーンツーリズムを参考にしつつ、日本の農村漁村の魅力を再発見している。さらに、森林の意外な働きや資源管理型漁業の重要性も訴える。

著者は、アメリカとフランスに駐在したことのある国際経験豊かな農林水産官僚であり、多くの具体例と文献に裏付けられた論理展開は、読者の心の奥に迫る。また著者の生まれ育った長野の農村やフランスのエピソードには、心がなごむ。本書は第1次産業に縁のない人にこそ読んでほしいものである。




(4) 「時事通信社」(1995年12月25日)

いきなり「日本は資源に恵まれた国である」という記述から本書は始まる。手あかにまみれたような「日本農業は厳しい・・・」というような表現は登場しない。欧米の巨大で近代的な農業をあがめたてまつるような議論も出てこない。日本の豊かな水と温暖な気候、それらにはぐくまれた緑と森林と水田が、外国に比べて見劣りすることのない優れた資源であることを、さまざまな事例を挙げながら紹介する。

農水省中堅官僚の筆者が筆を執った5冊目の書籍。農業とかかわりの薄い人たちに、平易な言葉で農業の大切さを訴えることができる数少ない人材だ。農水省内で有機農業への共感を唱えていたため、かっては「環境派」のレッテルを貼られて肩身の狭い思いをしていた。最近の世の中の風潮を背景にして、農水省の座標軸のほうが筆者に近づいてきた。

『農的小日本主義の勧め』(柏書房 1985年、復刊 創森社1995年)

(1) 「日本農業新聞」(1985年3月6日)

食糧から工業用原料まで輸入に依存し、「寄生的国家」として成長していく日本の進路に警鐘を乱打している。資源的に検証しても、日本こそ農業に向いている国であり、リサイクル的自立国家を目指した「農的小日本主義」を勧める。

「農的小日本主義」とは著者の造語に違いないが、由来は故石橋湛山氏が70年前、「軍事大国主義を排し、小日本主義に徹せよ」と主張したのと同床である。「貿易立国、通商立国一辺倒の経済大国主義から脱却が容易でないことは十分わかる。しかし、同時代の外国の資源を、そして世界の未来の資源を、まるで植民地から奪うかのように使い、世界中からひんしゅくを買っている状態が長く続くわけがない、他国のふんどしで相撲をとるのでなく、自らの力で生きる道を探す必要がある」と主張する。

……いわれのない農業批判や農業軽視の風潮の中で、日本農業の将来をどう展望するかをつかむには必読の書。




(2) 「朝日新聞」(1985年4月15日)

…..本論もその1つであるが、その文明論的な壮大な視野と、自ら農村で育ち、また農政に携わっている著者の農業への愛着とを特徴とする。痛快でもあり、異色でもある議論である。

日本のみでなく、全人類の百年の大計を考えるとき、21世紀は省資源・省エネルギーの時代であり、先進国相互間のみでなく、南の開発途上国との共存を必要とする時代である。その展望に立つとき、食料の生産と資源のリサイクルを担う農業の重要性は増加することはあっても減少することはなく、また、日本が加工貿易大国としての道を永久に歩むことは不可能であると筆者は主張する。日本は、率先して、「時と場合によっては現在維持されている生活水準を下げても」リサイクル的自立国家を目指すべきだという。表題の『農的小日本主義の勧め』はそのような主張を表している。

こういう文明論的部分については賛否両論がありうる。また、そうであってよい性格のものであろう。その部分はさておいても、本書は随所で示唆に富む論点を提出している。たとえば、「安全な食物の安定的供給」を求める消費者の立場と農業保護政策とが両立しうるはずだという主張とか、石油の消費地生成主義の原則によってガソリンのシンガポールからの輸入を行政指導でやめさせるなら、「安全性・新鮮さ・味」を重視する食べ物の性格から言って、消費地飼育主義をとり、牛肉や乳製品の輸入を制限してもよいのではないかという指摘などである。

……賛否両論は別にして一読に値する書物である。




(3) 「信濃毎日新聞」(1985年2月18日)

…….戦後生まれで農林水産省の現役である著者(中野氏出身)は石橋湛山に学びながら、「農は国の基」の思想に基づき、人づくりのためにも「農的小日本主義の勧め」を説き、民族の活力温存のためにも農村的資質の重要さを強調する。寄生的商・工業用国家からの脱却を訴え、ニセモノの農政が栄え、ホンモノの農業・農村がますます窮地に陥っている現実を糾弾する。戦後世代の危険感あふれた世界観の表白と注目される。

『農的循環社会への道』(創森社、2000年8月)

(1) 「建築ジャーナル」(2000年12月 )

日本には本当の革命が必要だ     書評

著者は農林水産省のお役人であり、現在は農業総合研究所長の職にある人だが、めちゃくちゃラジカルな発言である。といっても政治的左翼の言辞ではなく、日本の農業・漁業を含めた生産のあり方について、極めて普通のこと、本当のこと、根本的なことを言っているだけである。しかし、狂った日本の現代状況のなかでは著者の発言はめちゃくちゃラジカルなものとなるのである。

……「持続的開発」、「環境にやさしい生き方」は今日ではだれでも知っている言葉であり、フレーズである。しかし、圧倒的多数の国民が、政治に経済立て直しだけを求めて、政治と企業がすすめてきた破壊型開発と環境破壊の工業振興の持続を支持している。

「よけいなものをつくらず、かつ使わないこと」、「物の移動はできるだけ少なくすること」。この2つを守ることが「環境にやさしい生き方」であり、「持続的開発」であると著者は説く。農水省のお役人でありながらアメリカの圧力に屈してアメリカ米を輸入し、日本の農地を荒れ地と化した政府自民党の農政を批判する。「地産地消」という表現をしているが、これは土地で生産されたものを食べ、使うという意味と、食糧の自給自足の農政をはかれということである。

…….著者は「米づくり」から農山漁村のまちづくりまで語り、論旨は明快でわかりやすい。第5章「農的循環社会への道」は、今日の文明社会の変革のバイブルでもある。実にすばらしい考え方をしている。

著者はお役人の立場から詳しくは触れてないが、「農的循環社会への道」は、中央集権主義国家をどう崩壊させ、地方自治・市民自治をどう築くかにかかっている。そのためには「経済」と金儲け主義の日本人が、いかに高い市民意識を獲得するかにかかっている。


(2) 「日本の原風景・棚田」(2001年 第2号)

文献紹介  (野村一正)

…..本書の著者、篠原孝氏は、すでに1985年にその著『農的小日本主義の勧め』(柏書房)で、戦後日本が歩んできた経済成長の「常識」に真っ向から疑問を呈し、」反論し、新たな社会のあり方の提言までしている。だが著者はその結果、日本経済紙上で「錯乱ないし自閉症対応」と酷評され、「俄かには支持されない」と断じられてしまった。官僚である著者にとって、こうした批判はかなりのプレッシャーであったはずだ。

だが、著者は逆境にめげずしぶとく、その後も農政に取り組むかたわら、1995年には『農的小日本主義の勧め』の復刊(創森社)を果たし、『第1次産業の復活』(ダイアモンド社)を出版、より具体的な問題提議と提言を続けた。著者がこうした逆境をものともしなかったのは、やはり農(林漁)業に対する深い思い入れがあったからに違いない。

……『農的循環社会への道』は、『浪費なき成長』の著者、内橋克人氏の主張と相通ずる面があり、農(林漁)業を基盤に据えて、さらに具体的にこれまでの日本の「常識」を覆し、新たな経済、社会のあり方を示している。貿易立国として常識的とされた世界中からの原料輸入と、世界中への製品輸出の結果がどういう状況を生んでいるか。「日本は年間8億トンもの量のものを輸入し、輸出する物の量は7,000トンに過ぎない」、これに対し米国は「輸出入とも3億トンで、しかも隣国カナダが最大の貿易相手国」。日本は石油を使って大量のものを遠距離に動かし、しかも輸出入の差は産業廃棄物として大量に国内に残される構造だ。貿易立国は善、経済成長は国民の幸せにつながるという、「常識」を覆す指摘だ。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages