« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月29日

石田正人氏の黄綬褒章受賞を祝う会あいさつ

石田正人さんの黄綬褒章受賞を祝う会であいさつをしました

 本日は、このようなおめでたい席にお招きいただきまして誠にありがとうございます。
 私、この地で生まれ育ったのですが、30年間留守にしていたので、なかなかこのような栄えある会合にお招きいただけませんが、本日アップルシティー史上最大の会合にお招きいただき、なおかつ、諸先輩方がおられる中あいさつの機会をいただき二重に感謝申し上げます(笑)。
 私、石田さんと本当にお付き合いが始まったのは、国会議員になってからです。農林水産省時代、私は来る者拒まずで、例えば小山邦武市長は多分上京する度に私の所に寄られましたが、石田さんは大物で、若林さんや小坂さんで用が足りるようで、私の所には残念ながら一度もおいでになったことはありません(笑)。しかし、私自身は北信州みゆき農協に石田正人ありというのは、ずっと前から承知しておりました。長野の北の方には、何か声が大きく、弁の立つ、まるで若林さんとそっくりの農協人がいる、といわれておりました。私も他人のことを言えた義理ではなし、石田さんと同じ部類に属するので親近感を持っており、遠くからお慕い申し上げておりました(笑)。
 なぜ密かにお慕い申し上げていたかというと、私は、農政が現場とかけ離れた、いわゆる霞ヶ関農政に堕している中で、私がこうしたらいいと思うことを、石田さんが農協の現場でさっさと実現されています。
 つい最近、「JA教育文化」に掲載され、今回この「足で稼いで心でつなぐ」本の第一章にありますが、この標語にもほれぼれします。石田さんのアイデアは「アグリスクール」「女性大学」は、皆さんがもうよくご存知かと思いますが、「腰巻き運動」「チリ紙三ツ揃え運動」「ふかふか布団運動」「おふくろ配達」「猫の手援農隊」「グリーンツーリズム」と枚挙にいとまがありません。まさに地に足がついた農協活動です。そして、アスパラとズッキーニの日本一の産地に導きました。アイデアがたくさん出てくる方ですし、全くアイデア不足な農林水産省に任期付採用でおいでいただきたいと密かに考えておりました(笑)。
 石田さんに、もう一つ感心するのは、その引き際です。70歳定年制を自ら設け、さっと引退されました。もし、それがなかったら、今では長野県農協中央会の会長になっておられたかもしれません(笑)。地位にしがみついている政治家や社長に見習ってほしいと思います。
 しかし、石田さん、本当にまだまだお元気です。並ぶべき人がいない稀有な人材です。
 叙勲の栄誉に浴したし、こんな立派なお祝いもしてもらったし(笑)、ということで引退されてはたまりません。次期飯山市長にとまで言いませんが(ざわつき(笑))、いや、それは飯山の人が決めることですが、我々後輩を引き続き叱咤激励していただけることをお願いしまして、私のお祝いのあいさつにさせていただきます。

2006年07月19日

国政報告会の様子が信濃毎日新聞に掲載されました

7月18日に東京で開催した国政報告会の様子が、長野県の地域紙信濃毎日新聞に掲載されました。

sinmai01.jpg

全国後援会の国政報告会を開催しました

 7月18日に、東京・虎ノ門パストラルで、国政報告会を開催いたしました。私の
全国後援会は、年に1度総会を開いていますが、それだけでなく私の国会での
活動の話をゆっくり聞きたいという熱心な支持者の要請を受けて、初めての試み
として開催しました。
 

雨の中、80人以上の方におこしいただきました。私も予定時間より長く、みっちり
この通常国会での活動をお話させていただきました。
 
 詳細は、随時このメールマガジンやホームページでもご紹介しますが、60ページ
におよぶ資料も作ったりしてなかなか充実したものになったのではないかとおもい
ます。
 地元長野では、国政報告会を開催することもありますが、東京では頻繁には
開催できないでしょうが、年に1回は、こうした国政報告会も開いていきたいと思い
ます。

2006年07月13日

福岡県朝倉市の集会で民主党の農業政策を講演

 篠原孝農林水産団体局長は7月9日午後、羽田孜最高顧問とともに福岡県朝倉市を訪れ、市内で行われた集会で講演を行った。この中で羽田最高顧問は、小泉首相の政治姿勢に厳しく批判を加えたほか、篠原農水団体局長も、民主党の考える農林水産業政策を分かりやすく語りかけ、参加者の皆さんと活発な意見交換を行った。

060709asakura01.jpg

 

集会の冒頭、地元の楠田大蔵前衆議院議員が挨拶に立ち、羽田最高顧問と篠原農水局長を改めて紹介しながら、農林業の討論会を朝倉市で開催にするにあたっての意気込みを語った。そして、「経済論理だけで大企業だけが儲かればいい」という風潮をつくり出した小泉政権の姿勢に批判を加えるとともに、参加者の皆さんの活発な発言を呼びかけた。

 続いて、羽田最高顧問も挨拶。昨年の総選挙を振り返り、小泉首相の「無茶な手法」を批判しながら、その結果については「本当に残念でならない」とした。そして、子どもを殺す親、親を殺す子どもが出るような風潮に懸念を示し、防衛施設庁の随意契約問題についても、そのやり方は無茶苦茶だと批判を加えた。

 また、日本銀行の福井総裁の投資問題についても羽田最高顧問は言及し、「庶民大衆がゼロ金利の時代にそういうことを行っている」と指摘しながら、多くの国民が辞任を求めているにも関わらず、「総理の責任になるからということのために、きちんと辞めることができない状態だ」と厳しく批判した。羽田最高顧問は更に、日米首脳会談の後にプレスリー邸ではしゃいだ小泉首相の姿勢や、北朝鮮政策についても鋭く批判を加えた。

 続いて篠原農水局長が、民主党農業政策について講演を行った。篠原農水局長はこの中で、民主党が農林漁業の再生に向けて取り組んできた経緯を詳しく説明。農山村地域の再生なくして日本の再生はない、とする菅直人代表代行(元代表)や、消防団がしっかり形成されるような地域をつくらなければならない、とする小沢一郎代表らの考えも紹介しながら、その取り組みを解説した。

 そして、民主党が提出し、政府・与党案と並行して審議された農政改革基本法案の審議の状況についても、民主党案の優れた点を強調しながら説明。地産地消、旬産旬消の重要性についても指摘しながら、民主党は「本当に汗水流してがんばっている人が報われる農政をめざす」として、小泉・竹中・堀江路線のめざす「マネーゲームとは対極にある」などと鋭い指摘を加えた。

 質疑応答では、直接支払制度への評価、大規模農業推進の問題点、農業の株式会社化の是非、団塊世代の農業への取り組みなどについて参加者から次々に質問が出され、篠原農水団体局長がこれらに一つひとつ丁寧に答えた。また、会場からは政権交代による民主党の農業政策の実現に期待感が示された。

http://www.dpj.or.jp/news/200607/20060709_01hata.html

石川県連政治セミナーで党の考えを話す(民主党ホームページより)

 篠原孝民主党農林水産団体局長は7月1日午後、石川県小松市で開催された民主党石川県総支部連合会主催の政治セミナーに出席し、「地産地消と日本の農業」と題して講演を行った。
060701ishikawa01.jpg

 

 冒頭、一川保夫石川県連会長(前衆議院議員)より挨拶があり、農林水産業のみならず、地場産業など、地方の経済は非常に冷え込んでおり地方の不安感が増している。民主党は小沢代表の下、地方が自信を持ってっていけるような政策を打ち出すべく頑張っていきたいと述べた。

 次いで篠原局長が講演し、「循環社会にしていかなければ地球は破滅する。循環社会に向かっていくには一次産業に頼らざるを得なくなる」と述べ、地場生産・地場消費、いわゆる「地産地消」や「旬産旬消」に沿った食生活への転換の重要性などを訴えた。また、民主党の農林漁業政策について触れ、菅代表(当時)以来、民主党は農林漁業政策に力を入れており、「民主党農林漁業再生プラン」を策定していると述べた。

 更に、先の第164通常国会には同プランに基づいてつくられた「農林漁業再生基本法案」(食料の国内生産及び安全性の確保等のための農政等の改革に関する基本法案)を提出したことについて触れ、野党の議員立法であるにも係わらず、36時間もの審議時間を確保して議論してきたことについての説明がなされた。政治セミナーにはおよそ100名の市民らが出席した。

2006年07月12日

【メルマガ】第164回国会 事後報告その5:環境委員会「鳥獣保護法」の審議

 5月30日の環境委員会では、「鳥獣保護法」の改正案について審議を行いましたので、概略などをお送りします。

【野生動物と共生していた祖先】
 鹿や猪は、万葉集にも多く詠われています。また、花札にもあるように、昔から身近にいて、我々の祖先はそれらとまさに共生していました。「鹿威し(ししおどし)」は、竹を水でトン、トンと落とす音で、農作物を荒らす鹿を追い払うというものですし、犬も猪、猿、鹿を追い払うために飼われていました。今、大騒ぎしているのは、人間が僣越になり過ぎたのではないかと思います。ちなみに、犬の放し飼いは法律ではなく条例で規制されているそうですが、中山間地の農家にまで、これを適用する必要はないはずです。

【鳥獣被害で耕作放棄地に】
 私の地元の地獄谷温泉では猿を餌付けでなくて温泉付けにしています。リンゴや桃の産地ですが、猿の被害が深刻です。人間が追いかけていくと、人間が上れない屋根の上で食べ、本当に種を投げつけるそうです。猿カニ合戦そのものです。そこのおばあちゃんが私に苦情を言うには、そのおばあちゃんが出ていっても女だと思ってばかにしている。猿はちゃんと男女差別をしているんです。そして、長靴を履いてほおかむりして、男のような格好をして行くとばあっと逃げていくんだそうです。猿も、猿知恵があって、だんだん覚えていってしまうのです。(議事録より)
 農作物の被害額は、近年横ばいですが、これは、被害を受けた中山間地域で耕作放棄地になっているところが非常に多いからです。
 本当に本格的にやらないと中山間地域の農業はこれでつぶれるかもしれません。鳥獣対策は、中山間地対策の一環としてのほうが重要であり、環境省と農林水産省が連携をとって対策にあたる必要があります。

【個体数の管理は、人材の育成と確保で】
 一番大事なのは、個体数の管理です。漁業の資源管理の考え方と同じです。これは、きちんと人がいて予算をつけてやったらできると思います。臨時雇いの鳥獣保護員ではなく、技術的な知識を持った人たちを、職種を設けて処遇して国や県が採用することで、地方の農業や自然を守り、地方の雇用の確保にもなります。

【「野生生物保護法」にすべき】
 鳥獣保護法は正式には、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」で、2002年の改正で法律の目的として「生物の多様性の確保」が加えられました。野生動物の保護・管理の面から、多くの問題点が指摘されていますが、今回の改正でも対応がはっきりしておらず、根本的な改正が必要です。
 日常では鳥獣という言葉は使いません。野生生物保護とするべきではないかと質問しましたが、事務方はムニャムニャ答弁し、小池大臣は鳥獣で十分と開き直りました。

【環境省が最大の公共事業を担う】
 環境問題は、すべての行政にかかわる大問題になってきています。環境省には、法律にある「生物の多様性の確保」ということを念頭に入れて、環境を破壊するようないかがわしい公共事業のチェック等を行うなど、行政に口を挟むよう求めました。さらに、地球環境を守るため、環境省がもっともっと前面に押し出していって、全力を挙げて取り組んでいくことを促しました。

2006年07月07日

中野市で菅直人との対話集会を開催(民主党ホームページより)

菅直人代表代行は2日午後、長野県中野市を訪れて、篠原孝農林水産団体局長(衆議院議員)とともに集会に参加。農山村地域の再生がなければ日本の再生はないとの持論を力説し、会場を埋めた参加者の皆さんと活発な意見交換も行った。
060702NAKANO01.jpg


 

集会の冒頭、篠原議員が菅代表代行を紹介。冗談交じりに「本当は田舎のお兄ちゃん」、「けっこう優しい」などと述べて会場の笑いを誘うとともに、代表当時から農業再生を真剣に考えてきた菅代表代行の取り組みを、会場を埋めた参加者の皆さんに分かりやすく語りかけた。

 続いて菅代表代行が挨拶を行い、今国会の民主党の活動について触れ、4月の小沢一郎代表就任により、「まさに老壮青の挙党態勢が一挙に出来上がり、元気の良い反転攻勢が国会の中でも始まった」と指摘。農政改革基本法案の質疑などで、篠原議員らとともに委員会答弁に立つなど活動してきたことにも触れながら、「農山村の中で、安心して子どもを産み育てられる」ことの重要性を改めて指摘した。

 菅代表代行はこの点に関して、「農山村地域がきちっと再生されなければ、日本の再生はない」との持論を改めて展開。「農山村を再生させるためには、どういう農業政策が必要かという観点」から、農政改革基本法案などの作成を進め、民主党の農林漁業再生プランを検討してきたことを紹介した。そして、民主党が本格的な農業政策を打ち出し、農山村部の意見を受け止められるようになって、都市政党から脱皮できたのも、「(農林水産団体局長である)篠原さんの力によるところが大きい」などとした。

 菅代表代行は更に、篠原議員の質問に答える形で、自らが農業政策に関わるようになった思いを語ったほか、明日からの訪中に関しても、空海が中国に渡ったのが1200年ほど前だなどと指摘しながら、「単に今のことや、50年、100年単位のことを超えて、もっと深いつながりがあるのだということを、自然に共有化できるような日中関係をめざしたい」などと意気込みを語った。

 会場を埋めた参加者からは、小沢代表就任後の民主党の体制、恒久平和調査局設置法案、少子化対策と子どもの教育、靖国神社とA級戦犯合祀問題などについて次々に質問が出され、菅代表代行はこれらに一つひとつ丁寧に答え、意見交換を行った。

2006年07月01日

【メルマガ】第164回国会 事後報告その4:超忙しかった今国会

私は、今国会は、外務委員会と環境委員会に所属しました。ちなみに、05年は予算委員会とイラク特別委員会、04年は農水委員会とテロ防止特別委員会でした。ところが、農政改革法案が政府案と同列に審議され、対案として民主党から提出し、その答弁者として答弁しなければならず、かなりの時間が割かれました。
 

 民主党は自民党と違って、本当に民主的(?)で、毎年希望調査があり、それに応じて委員会が決められます。1年目は、有無を言わせず、農水委員会でしたが、まだかつての同僚が4人現役で政府参考人として答弁に立つので質問しにくく、2年目は党幹部に了解をとり、他の委員会にしてもらうようにしました。その結果、予算委員会という思いがけない格の高い委員会に配属されました。ただ、差し替えで、何度か農水委員会の質問に立たされました。

 3年目の今年は、希望通りでしたが、上記の法案があり、私は結局、外務・環境・農水の3つの常任委員会に専属的に顔を出すことになり、多分最も忙しい国会議員の1人になってしまいました。
 その他に党務があり、農林漁業再生本部とBSE対策本部の事務局の仕事も担当が多く、前者ではマンガ版農林漁業再生プラン、後者では、「拙速な米国産牛肉の輸入に反対する国民大集会(6月13日)」のセットやらで、てんてこ舞いでした。

私の典型的な1週間を紹介します。
月: 07:45長野駅前街宣 09:15長野事務所打合せ その後中野へ地元会合出席 
      夜上京 九段宿舎泊
火: 08:00外務防衛部門会議 10:00農水委員会 12:40代議士会 13:00本会議
      本会議終了後、農水委など 諸々の会合 杉並区の自宅泊
水: (たった1日早朝部会休み)10:00農水委員会 
      諸会合(BSE、農政法案再生本部、リベラル・・・)九段泊
木: 08:00農水部門会議 月一回鈴木棟一会合 11:30国のかたち研究会 
      13:00本会議 ・・・議会後九段泊
金: 08:00環境部門会議 09:00外務委員会 10:00環境委員会 12:40代議士会 (質問)
      13:00本会議   夜最終で長野へ 長野泊
土: 09:00支持者訪問 地元会合出席 長野泊
日: 09:00支持者訪問 地元会合出席 長野泊

 つまり、朝3日関係部門会議があり、委員会の質問や答弁が週2~3回、週末は地元の支持者訪問、組織体制作りなど、気も体も休まる日がないくらいでした。民主党の衆議院議員が選挙前後で、177名から113名に激減したこともあってなのか、質問回数も増えました。

 この間、4月から長野事務所に若手とベテランの2人の男性、そして5月には女性1人と男性3人増員し、スタッフ数も倍増し6人となりました。8月6日投票日の長野県知事選の候補として名を挙げられたりしておりますが、私の地元事務所の拡充振りをみたら、知事選に出るつもりはなく私が国政に全力投球していることがお分かりになるかと思います。
 また、法律で配偶者と65歳以上を公設秘書に採用できなくなり、更に民主党は三親等内の親族を公設秘書に採用することができなくなったため、妻はもとの主婦に戻りました。その代わりに経験を積んだ女性に来てもらうことにしました。ただ、妻には、緊急事態(質問の準備など)には手伝いに来てもらっています。
 小泉総理は外遊で心ここにあらずか、今国会は延期もなく6月16日(金)で終了。9月下旬以降の臨時国会まで、地元活動にたっぷりと時間がかけられそうです。

 1  |  2  | All pages