« 日本農業新聞社創刊80周年記念パーティでの挨拶07.05.25 | メイン | 松岡利勝農林水産大臣自殺の衝撃07.06.01 »

ほっとかれたカネミ油症患者を助ける07.05.30

5月24日(金) 22:04 あさま555号 長野行きにて・・・

 5月24日、カネミ油症の和解金の払戻し免除法が成立しました。
 皆さんもう内容はお忘れかもしれませんが、1968年に九州を中心に米ぬか油を食べた人達が、いろいろな症状で困るようになりました。カネミ倉庫にあった頃にPCBが混入したので、カネミ油事件とよばれます。黒い赤ちゃんが生まれてしまいました。ずっとPCBと思っていたのが、熱処理であの猛毒のダイオキシンになっていたそうで、経口摂取してしまったのです。

いかにひどい症状かはハンサムだったウクライナの大統領ユーシェンコが政敵にダイオオキシンを盛られて顔が吹き出物で穴だらけになってしまったのをご記憶の方が多いと思います。
 今なら、大問題になり、企業や政府の責任が問われることは間違いありませんが、下級審裁判で被害者側が勝ち、仮払金が300万ほど出ました。ところが、なぜか上級審では、和解してしまい、その仮払金を返却しなくてはならなくなりました。しかし、大半の人達は生活困難者であり、使ってしまっていました。当然返せません。本当は返さなければいけないのに、返さなくてもよいという特別の法律が超党派で作られました。
 民主党は、このような事件がよくおこるので、健康被害者救済法を用意し環境問題で健康を害するような人達を救うルールを作ろうとしています。
 質疑には、多くの患者さんがかけつけ、法案成立時は、全委員と傍聴席が一緒になって拍手をしました。すがすがしい光景です。ただ、カネミ被害者救済はこれからも続きます。