« 家族ぐるみで『森林・林業再生プラン』の作成07.05.22 | メイン | ほっとかれたカネミ油症患者を助ける07.05.30 »

日本農業新聞社創刊80周年記念パーティでの挨拶07.05.25

5月22日夜 記

夕方、森林・林業再生プラン会合の後、日本農業新聞社の創刊80周年の会合に出席しました。案内状を見たら、民主党「次の内閣」農林水産大臣として挨拶を依頼されていました。遅刻なので、なるべく乗らないようにしていたタクシーで会場へ直行すると、何と立食ではなくテーブルへ着席式の大会会場。しまったと思いましたが、時既に遅し。
 到着と同時に私の挨拶。じっくり考える時間がありませんでしたが、いつもの通りそれなりに考えて話をしました。

【日本農業新聞社創刊80周年記念パーティでの挨拶】
 民主党「次の内閣」農林水産大臣の篠原孝です。「次の内閣」といってもほとんどの方がご存知でないかと思います(西川農林水産委員長が「知っている」とヤジ)今回の会合にお招き頂き感謝しております。何故かといいますと、民主党以外の会合で「次の内閣」農林水産大臣と紹介されての挨拶は初めてです。さすが、与党、野党の区別なく公平な報道をしておられる日本農業新聞社さんだと感心致しております(笑)
せっかくの機会ですので、「次の内閣」農林水産大臣は何をしているかということをお話させて頂きます。
本日の日本農業新聞の一面トップに「参議院選挙は自民党と民主党の対決が鮮明に」とありましたが、その民主党の対決の一翼を担わせていただいております。最近では、国会議員になり始めて5月の連休中に、ドイツに森林視察ということで出張させて頂きました。日本人を1人も見ないで、まじめに仕事をして参りました(笑)
2004年に農業再生プランを出し、昨年、法案にまでさせて頂きましたが、今回は森林・林業再生プランということで、提言にするために帰国後、家族総出で二週週末を潰してまとめております。政権与党であると、適当にまとめてくれる人が大勢いると思いますが(笑)我が党ではそんな人はおらず、私1人が汗をかいております。この森林・林業再生プランは、地域間格差の是正に役立ってくれると思います。
今日の新聞に自・民対立と書いてありますが、皆さんご心配なく。農政については、日本の農業・農村を元気にという点では与党も野党もないと思いますので、安心して両方の党を平等にご支援して頂くことをお願いして、私の挨拶とさせて頂きます(笑)

この後すぐ、女性ばかり3人程、ビールを注ぎに来て頂きました。旧知の農協関係者、記者、農水省の先輩等と久しぶりに会うことができました。忙中閑ありです。先輩からは、「身の程を知り、挨拶は短く」と注意を受け、他の方からは、「今日の挨拶で二つ良かったのの1つだ」とほめられました。私の後やはり遅れて到着された安倍総理も50周年に出席された父君にふれ挨拶されました。会場を後にして、再び議員会館で「森林林業再生プラン」に取り掛かりました。これで3日連続、九段議員宿舎泊りです。