« 岡山県真庭市の林業シンポジウム07.06.15 | メイン | 逃げる自民党07.06.15 »

人生3回生きた所秀雄さん07.06.15

6月12日夜記

11日(月)は人間ドックの後、所秀雄さんの偲ぶ会に出席しました。所さんとは、農林水産省の30年ほど先輩ですが、現役ではお会いしておりません。1985年、私の『農的小日本主義の勧め』を読んだ所さんからお手紙を頂き、お付き合いが始まりました。所さんという方は、農林水産省の役人をやり、アメリカの大使館へ行き、帰国後、アメリカの企業から頼まれ、鶏の抗生物質等を輸入販売するゲンコーポレーションという会社を興しました。

70歳を超えてから、安全な食べ物を作らなくてはいけないと、環境に優しい農業を、つまり、私と同じ価値観の持ち主で、運動を始めました。ですから、所さんは、役人、産業人、運動家として、人生を三回生きた方です。
私は、所さんは最後の運動家としての人生が一番晴れ晴れとしてよかったのではないかと思います。私がOECD代表部にいたころ、環境問題についての会議に日本のNGOを呼ぶ機会があり、英語が出来ると言う条件がついていたので、日本の代表として来ていただきました。余りにも流暢な英語で、禅僧のような風貌で皆をシーンとさせたメインスピーチがとても印象的でした。
夜は生協の方々との会合、そしてまた、議員会館に戻って「森と里の再生プラン」の修正でした。