« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月21日

花の都パリ「外交赤書」07.06.21

6月21日記

6月20日に講談社+α新書から、『花の都パリ「外交赤書」』という本を出版しました。もしかしたら、メルマガ読者のみなさんの中で、書店でこの本を見かけて驚いている方がおられるかもしれません。
 私は1991年から1994年までの3年間、パリにあるOECD(経済協力開発機構)に対応する日本の大使館であるOECD日本政府代表部に、農林水産省から出向した俄か外交官として赴任していました。
その3年間を挟んだ前後の10年間ほど、私はかなり国際関係に関わるポストにいました。当時、私が関わった外交のエピソードを、役所を退職したら本にしたいと書きためておいたものですが、今回、講談社からその一部を出版することになりました。


私の希望としては、24年前に書いた「アメリカは田舎の留学記」の10数年後の続編として、パリの農業外交を巡る事情やパリの風物詩も入れた心地よい本にしたかったのですが、商業出版であり、どぎつい内容でないと売れないという講談社の意向で、もとの原稿のうちパリの農業外交を巡るドジな面のみをとりだした片寄ったものになってしまいました。フランスの農家民宿でのほのぼのとした交流などはすべてカットされています。ですから、残りの部分はいつかまたまとめておきたいと思っています。
本のタイトルも売らんかなの出版社と私の主張との妥協の産物で、私の気に入ったもの(「パリは花の都の外交官奮戦記」)にすることはできませんでした。更に、本の帯やホームページ等は出版社の広告スペースであるということで、私自身、出版後初めて目にすることになりました。週刊誌の広告と同じく、人目を引くための内容を誇張した「痴態」などというどぎつい宣伝文句が並んでいたため、すぐさま講談社に抗議しました。口論になりましたが、増刷分からは「痴態」を「実態」に修正することになりました。
外交のドジな面を集めているとはいえ、宣伝文句とは違い、私自身は、くすっと笑い出すような部分や、さもありなんという場面を多く残したつもりです。軽く読みやすい本ですので、どなたにも読んでいただけると思っています。
書店で見かけたら、帯の宣伝文句には惑わされずに手にしていただけると幸いです。

政府与党・安倍内閣の暴走07.06.21

6月20日記
国会後半、安倍内閣と政府与党は、迷走・暴走を続けています。衆議院では強行採決が17回、そして今、切羽詰った参議院でも、ろくに審議もせずに強行採決が続きます。
一方で、衆議院の厚生労働委員会で、たった1日の審議で消えた年金の時効を延ばす法律(厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律)を強行採決しようとした時に、櫻田義孝委員長を羽交い絞めにした内山晃さんに懲罰がかけられました。懲罰委員長は民主党の横光克彦さんでしたので、与党は、委員長解任決議案を可決し、自民党の委員長代理で内山さんの30日間登院停止という荒っぽい懲罰を可決しました。これは60年ぶりの暴挙とか。
昔はかなり乱闘がありました。それでも登院停止などという除名に次いで重い懲罰はありませんでした。内山さんは、「私を罰しても安倍内閣・政府与党にこそ天罰が下る」と怒っていますが、そのとおりだと思います。まさに見せしめです。
強引な国会運営に対して、河野洋平衆議院議長不信任決議案も提出して野党の抵抗を示すことになりました。

2007年06月15日

篠原孝TV出演のお知らせ07.06.15

6月16日(土)13:00~13:55

  【CS放送】朝日ニュースター「もうひとつの日本」 

  《ゲスト》篠原孝(民主党 ネクスト農林水産大臣)
       佐々木隆博衆議院議員も出演

   衛星デジタルCS放送サービスですが、各地区のケーブルテレビにご加入の
   方はご覧いただけます。

頼もしい46年下の後輩たちの国会見学07.06.15

6月13日夜記

今日は嬉しいことが1つありました。
小学生の国会見学の受付件数が余りない中で唯一、私の母校の長丘小学校だけは4年連続私にお願いしてきてくれます。今日はいつものように一生懸命、自ら案内しました。以外にはきはきして、私がリラックスして話すと質問も多く出て頼もしい何十年か下の後輩でした。私の後任となって、是非とも25歳になった暁には、国会議員になってほしいと子ども達に話して別れました。

夕方は、自民党の加藤紘一さんが持っている番組(朝日ニュースター)に収録に行きました。放送は、今度の土曜日16日13時です。農業問題で、自民党の中川泰宏さんという京都府の農協中央会の会長と私の同僚議員で北海道の道議会議員を長く勤めて一期生の佐々木隆博さんと4人で、参議院選挙前に、民主党と自民党の農政の違いについて、議論をしてきました。なかなかいい議論だったのではないかと思います。
それが終わった後、2人の同僚議員で、前代表の前原誠司さん、小沢鋭仁さんの励ます会(政治資金パーティ)へ出席してから、また、議員会館に戻って仕事です。
現在22時、外を見ますと、第二議員会館で電気がついている事務所は5部屋です。

逃げる自民党07.06.15

6月13日夜記

昨日(12日)は、赤城徳彦農林水産大臣の突然の10日間のヨーロッパ出張ということで、民主党内でもめました。13日、或いは14日に『一般質疑』をする予定が、14日から出張に行くことで自民党は一般質疑をやりたくないと逃げました。民主党は、大臣がいる時にと政府の法案を通す協力をして来ました。その代わりに、大臣が空いている時は『一般質疑』を心置きなくする約束をしており、どの委員会よりも早く法案を通していました。

しかし、13日は一日空いているというのに、赤城大臣は、12日の参議院の農林水産委員会の「パーティ券販売」の件で、答弁がメロメロ、多分自民党の幹部はやばいと思い、委員会を開かせずにヨーロッパへ送り出そうというずるいことを考えたのでしょう。赤城大臣は非常にまじめな議員で、悪いことなどしている人ではありません。率直に詫びるときは詫び、正すところには正すと答えればいいのに、何か変な答え方をしているので、ちゃんとしてほしいと、はらはらしながらテレビ中継を観ました。
13日今日ですが、珍しく民主党の国会対策委員会(国会開会中は毎日朝9時から党内会議がありますが、私は委員ではありません)に農林水産委員会のことが取り沙汰され、国対が怒って14日の出張をけとばしました。もっともなことです。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages