« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月30日

ムダと矛盾の会期延長  07.06.30

6月29日記

 昨年12月に続き、再び菅直人代表代行が安倍内閣不信任決議案を説明し、記名採決が行なわれました。
会期延長5日間なら、7月22日の投票日を変えなくてすんだのに、12日間も延長しておいて、衆議院ではさっぱり委員会を開いていません。
 私は、農林水産委員会の筆頭理事で、農林水産委員会の審議をどうするか自民党の筆頭理事と決めてきました。6月に集中的に開かれる予定のWTO交渉で海外へ行かなければならない農林水産大臣の日程を考慮して、私は、民主党の法案審議をあまり急がないという方針には少々反しても、日本の国益を考えて、粛々と休みなく委員会開催に応じてきました。
もちろん、水産庁の3法を一本化してほしいなどという理屈に合わない要望は一切聞き入れませんでしたが、その代わり、別々に委員会を開催して、どの委員会より早めに法案を通してきました。何よりも大臣をWTO交渉に行かせてやるためです。

 本来、委員会は法案審議と一般審議を交互に開くのが原則ですが、法案審議を優先し、一般審議は6月に空いているときにゆっくり行う約束でした。
 ところが、5月28日松岡利勝大臣が自殺し、赤城徳彦新大臣となり少々狂いが生じました。二人とも農林水産省OB、当選6回も同じ。違いは、赤城大臣は30歳で祖父の跡を継いで最年少当選して以来、まさに順風満帆、若干48歳という点でした。緊張してコップの水を飲みながらの所信表明は初々しく、私もハラハラして聞き入りました。
 これでゆっくりと大臣にも質疑応答できると思った矢先、事務所費経費をめぐり、前任の松岡大臣と同じような答弁を繰り返し、雲行きが怪しくなりました。たった1回答弁しただけでWTOに行き、帰国後も一切審議に応じなくなってしまいました。いわば敵前逃亡です。そしてもっと許しがたいことに、6月23日帰国後も一切農林水産委員会開催に応じず、7月5日を迎えようとしています。
 農林水産行政一般はもちろん、WTO、豪州とのEPAに加え、ミートホープ社の問題もあり、審議すべきことは山ほどありますが、6月29日現在、審議の予定はありません。
 12日間会期を延長しながら、法案を通してしまった衆議院では、ほとんど審議が行われていません。「厚生労働委員会で長安議員に質問されるたびに100票減っていくから」などと悪い冗談が言われています。他にも渋谷の爆発事故もあり、温泉法を環境委員会で質さないとなりません。
 松岡前任ほどではないにしても、赤城大臣にも少々杜撰な金の問題があり、変な答弁をされては危ういということで、特に隠しているようです。まさにずるいことこの上ない対応です。
 強行採決ばかりでなく、こんな所でも壮大なムダと矛盾があるのです。

5月25日の夕刊フジで、私の発言が記事に載りました07.06.30

モノクロ1.jpg

2007年06月29日

6月16日の夕刊フジで、私の発言が記事に載りました07.06.29

永田

食の安全と国の安全~BSE牛肉の輸入再開の危険~07.06.29

6月21日記

夕方5時30分から、野党4党が共同で参加した『月齢30ヶ月以下米国産牛肉のなしくずしの輸入に反対する国民集会』が開催されました。

 安倍内閣の新米追従は、米軍再編やイラクへの自衛隊派遣ばかりではなく、食の安全分野でも目立ちます。農林水産省と厚生労働省は、日本に米国産牛肉を輸出している食肉処理施設の査察を5月13日~28日まで行い、この結果問題がなかった施設について、輸入の際の全箱検査を終了することとしています。米国は、先の国際獣疫事務局(OIE)で『準安全国』に認定されたことを盾に、7月中にも月齢条件を30ヶ月齢にまで引き上げると言う輸入条件緩和圧力を強めてくることに必至です。
 06年6月に輸入再々開されて以来、違反事例が4~5件続いています。これは、米国牛肉処理施設のBSE対策が杜撰であることを物語っています。OIEが指摘するように、特定危険部位を含む肉骨粉を豚や鶏などの飼料に使われているのは大問題です。
 食品の安全規則は、国が厳しい日本のルールに合わせるべきであり、日本が米国に妥協することは何一つありません。
 安倍政権は、国民の安全を守ることに熱心で憲法問題についてもきな臭い考えを持ってますが、どうも同じ安全でも食の安全については、疎かであり、日本人の生命・健康を危険に晒しても平気なようです。
 こんな矛盾にみちた軟弱な対応に許すわけにはいきません。

2007年06月22日

民主・自民 農政マンガフェスト合戦07.06.22

6月20日記

今日、日本農業新聞の一面に、自民党が「デタラメな民主党農政」というマンガビラを作り、「気をつけよう、甘い言葉と民主党」などという変なフレーズも出ていました。政府与党が野党の政策をあれこれ批判し、ビラまで作るというのは、異様な出来事です。参院選を前にそれだけ自民党が困っているということかもしれません。

 マンガ版のルーツは、05年春、梶原弘志さんが、民主党の農業再生プランを地元で理解してもらうために、マンガで4頁ものを作ったことに始まりました。
それを頂いて全国版にしたのが06年春。それを元にドギツイ版(民主党が政権を取れば・・・、自民党政権が続けば・・・という対立版)にしたのが、山岡賢治財務委員長です。民主党の農業再生プランは、04年参院選時の10万部のビラで広まりました。その後のマンガ版は、72万部です。そして今、選挙区では、300万部が民主党本部から出て、多分3分の1の100万部は農家に届いているはずです。
 選挙はマニフェストと言ってますが、今回の参院選はすっかりマンガにお株を奪われてしまったようです。民主党は年金で3課題をはじめ、15政策分野のマンガ版を作りました。今まで、民主党はやたら政策を作り、それをそのまま発表して政策に強いと悦に入っている感がありましたが、ここにきて、マンガでわかりやすく政策を説明する方法を身につけました。マニフェスト選挙からマンガフェスト選挙への転換です。

2007年06月21日

花の都パリ「外交赤書」07.06.21

6月21日記

6月20日に講談社+α新書から、『花の都パリ「外交赤書」』という本を出版しました。もしかしたら、メルマガ読者のみなさんの中で、書店でこの本を見かけて驚いている方がおられるかもしれません。
 私は1991年から1994年までの3年間、パリにあるOECD(経済協力開発機構)に対応する日本の大使館であるOECD日本政府代表部に、農林水産省から出向した俄か外交官として赴任していました。
その3年間を挟んだ前後の10年間ほど、私はかなり国際関係に関わるポストにいました。当時、私が関わった外交のエピソードを、役所を退職したら本にしたいと書きためておいたものですが、今回、講談社からその一部を出版することになりました。


私の希望としては、24年前に書いた「アメリカは田舎の留学記」の10数年後の続編として、パリの農業外交を巡る事情やパリの風物詩も入れた心地よい本にしたかったのですが、商業出版であり、どぎつい内容でないと売れないという講談社の意向で、もとの原稿のうちパリの農業外交を巡るドジな面のみをとりだした片寄ったものになってしまいました。フランスの農家民宿でのほのぼのとした交流などはすべてカットされています。ですから、残りの部分はいつかまたまとめておきたいと思っています。
本のタイトルも売らんかなの出版社と私の主張との妥協の産物で、私の気に入ったもの(「パリは花の都の外交官奮戦記」)にすることはできませんでした。更に、本の帯やホームページ等は出版社の広告スペースであるということで、私自身、出版後初めて目にすることになりました。週刊誌の広告と同じく、人目を引くための内容を誇張した「痴態」などというどぎつい宣伝文句が並んでいたため、すぐさま講談社に抗議しました。口論になりましたが、増刷分からは「痴態」を「実態」に修正することになりました。
外交のドジな面を集めているとはいえ、宣伝文句とは違い、私自身は、くすっと笑い出すような部分や、さもありなんという場面を多く残したつもりです。軽く読みやすい本ですので、どなたにも読んでいただけると思っています。
書店で見かけたら、帯の宣伝文句には惑わされずに手にしていただけると幸いです。

政府与党・安倍内閣の暴走07.06.21

6月20日記
国会後半、安倍内閣と政府与党は、迷走・暴走を続けています。衆議院では強行採決が17回、そして今、切羽詰った参議院でも、ろくに審議もせずに強行採決が続きます。
一方で、衆議院の厚生労働委員会で、たった1日の審議で消えた年金の時効を延ばす法律(厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律)を強行採決しようとした時に、櫻田義孝委員長を羽交い絞めにした内山晃さんに懲罰がかけられました。懲罰委員長は民主党の横光克彦さんでしたので、与党は、委員長解任決議案を可決し、自民党の委員長代理で内山さんの30日間登院停止という荒っぽい懲罰を可決しました。これは60年ぶりの暴挙とか。
昔はかなり乱闘がありました。それでも登院停止などという除名に次いで重い懲罰はありませんでした。内山さんは、「私を罰しても安倍内閣・政府与党にこそ天罰が下る」と怒っていますが、そのとおりだと思います。まさに見せしめです。
強引な国会運営に対して、河野洋平衆議院議長不信任決議案も提出して野党の抵抗を示すことになりました。

2007年06月15日

篠原孝TV出演のお知らせ07.06.15

6月16日(土)13:00~13:55

  【CS放送】朝日ニュースター「もうひとつの日本」 

  《ゲスト》篠原孝(民主党 ネクスト農林水産大臣)
       佐々木隆博衆議院議員も出演

   衛星デジタルCS放送サービスですが、各地区のケーブルテレビにご加入の
   方はご覧いただけます。

頼もしい46年下の後輩たちの国会見学07.06.15

6月13日夜記

今日は嬉しいことが1つありました。
小学生の国会見学の受付件数が余りない中で唯一、私の母校の長丘小学校だけは4年連続私にお願いしてきてくれます。今日はいつものように一生懸命、自ら案内しました。以外にはきはきして、私がリラックスして話すと質問も多く出て頼もしい何十年か下の後輩でした。私の後任となって、是非とも25歳になった暁には、国会議員になってほしいと子ども達に話して別れました。

夕方は、自民党の加藤紘一さんが持っている番組(朝日ニュースター)に収録に行きました。放送は、今度の土曜日16日13時です。農業問題で、自民党の中川泰宏さんという京都府の農協中央会の会長と私の同僚議員で北海道の道議会議員を長く勤めて一期生の佐々木隆博さんと4人で、参議院選挙前に、民主党と自民党の農政の違いについて、議論をしてきました。なかなかいい議論だったのではないかと思います。
それが終わった後、2人の同僚議員で、前代表の前原誠司さん、小沢鋭仁さんの励ます会(政治資金パーティ)へ出席してから、また、議員会館に戻って仕事です。
現在22時、外を見ますと、第二議員会館で電気がついている事務所は5部屋です。

逃げる自民党07.06.15

6月13日夜記

昨日(12日)は、赤城徳彦農林水産大臣の突然の10日間のヨーロッパ出張ということで、民主党内でもめました。13日、或いは14日に『一般質疑』をする予定が、14日から出張に行くことで自民党は一般質疑をやりたくないと逃げました。民主党は、大臣がいる時にと政府の法案を通す協力をして来ました。その代わりに、大臣が空いている時は『一般質疑』を心置きなくする約束をしており、どの委員会よりも早く法案を通していました。

しかし、13日は一日空いているというのに、赤城大臣は、12日の参議院の農林水産委員会の「パーティ券販売」の件で、答弁がメロメロ、多分自民党の幹部はやばいと思い、委員会を開かせずにヨーロッパへ送り出そうというずるいことを考えたのでしょう。赤城大臣は非常にまじめな議員で、悪いことなどしている人ではありません。率直に詫びるときは詫び、正すところには正すと答えればいいのに、何か変な答え方をしているので、ちゃんとしてほしいと、はらはらしながらテレビ中継を観ました。
13日今日ですが、珍しく民主党の国会対策委員会(国会開会中は毎日朝9時から党内会議がありますが、私は委員ではありません)に農林水産委員会のことが取り沙汰され、国対が怒って14日の出張をけとばしました。もっともなことです。

人生3回生きた所秀雄さん07.06.15

6月12日夜記

11日(月)は人間ドックの後、所秀雄さんの偲ぶ会に出席しました。所さんとは、農林水産省の30年ほど先輩ですが、現役ではお会いしておりません。1985年、私の『農的小日本主義の勧め』を読んだ所さんからお手紙を頂き、お付き合いが始まりました。所さんという方は、農林水産省の役人をやり、アメリカの大使館へ行き、帰国後、アメリカの企業から頼まれ、鶏の抗生物質等を輸入販売するゲンコーポレーションという会社を興しました。

70歳を超えてから、安全な食べ物を作らなくてはいけないと、環境に優しい農業を、つまり、私と同じ価値観の持ち主で、運動を始めました。ですから、所さんは、役人、産業人、運動家として、人生を三回生きた方です。
私は、所さんは最後の運動家としての人生が一番晴れ晴れとしてよかったのではないかと思います。私がOECD代表部にいたころ、環境問題についての会議に日本のNGOを呼ぶ機会があり、英語が出来ると言う条件がついていたので、日本の代表として来ていただきました。余りにも流暢な英語で、禅僧のような風貌で皆をシーンとさせたメインスピーチがとても印象的でした。
夜は生協の方々との会合、そしてまた、議員会館に戻って「森と里の再生プラン」の修正でした。

岡山県真庭市の林業シンポジウム07.06.15

6月11日記

『森と里の再生プラン』について、相変わらず振り回されました。6月9日(土)に菅直人代表代行と共に岡山に向かい、鳥取・島根県境に近い真庭市で、シンポジウムを行いました。それに併せ、『森と里の再生プラン』を500部ほど印刷し、そこで公表という形にしました。

民主党公認参議院議員候補の姫井ゆみ子さんも参加。自民党の片山虎之助さんの対抗馬です。岡山県では、高竹和明さんという日本JCの元会頭が民主党公認で出馬することになり、岡山選挙区は姫井、全国区は高竹で戦っています。岡山の新聞では『姫の虎退治』ということで、姫井さんの健闘が新聞紙上を賑わせているようです。
中島浩一郎さんという木材加工会社社長さんの話を聞き、菅さんも関心のあるバイオ発電を見て帰って来ました。
帰って来たと言っても長野に帰ることを考え、10日(日)朝5時半に起き、6時の新幹線に乗り、名古屋経由で長野には11時頃に着き、須坂市の支持者訪問をして、10日夜、東京へ戻りました。11日は、1年ぶりの人間ドックで虎ノ門病院に行きました。会期末、慌しい日々が続きます。

2007年06月10日

民主党パーティ

6月6日23:30 議員会館にて

 翌朝(6日)鹿児島から一番の飛行機で東京へ戻り、午後1時より大臣所信に対する一般質疑の農林水産委員会があり、その間に民主党「次の内閣」閣議で、『森林・林業再生プラン』を説明して了解をとったと思いきや、農林水産委員会が林野関係団体からのパーティ券の購入を巡り中断しました。閣議を途中で抜け出し、農林水産委員会(第17委員室)へ行きました。
 初々しい挨拶をした新大臣も最初から民主党の厳しい洗礼を受けました。
 18時、北澤俊美参議院議員(民主党パーティ実行委員長)のパーティでの挨拶を聞くべく、珍しくタクシーで会場にかけつけましたが残念ながら間に合いませんでした。
 会場は満員で、パーティ券を買って出席してくださった皆さんに会えないのではないかと思いましたが、やっと会えて一安心でした。

 パーティ券の割り当てが、今年はNC農林水産大臣だからと同期生の倍でした。自分の政治資金パーティをしたことがないので、秘書の手を煩わせやっとのことであとちょっとまでこぎつけました。
 この後、北澤さんを慰労しようと思ったら責任者でダメで、代わりに長野からの北澤後援会の皆様方と歓笑し、再び議員会館に戻って仕事をしました。議員会館に灯りがついているのは数室です。
 妻には能率が悪いだけと言われますが、役人時代から身についた悪い習性で暇さえあれば、勉強したり、資料整理です。
 こんなくたびれる毎日ですが、たった一つ朗報が舞い込みました。九段宿舎から赤坂議員宿舎へ移れるという通知を頂いたことです。
早く引っ越しするように言われておりますが、国会開会中は忙しくて6月下旬になりそうです。引っ越しすると徒歩通勤になり、もっと安心して議員会館で仕事が出来ます。
よかった!

2007年06月09日

疲れ切る深夜労働

6月5日鹿児島にて

6月4日(月)久しぶりに夕方まで長野にいられると思いきや、菅さん(民主党代表代行)からの連絡で、夕方『森林・林業再生プラン』の打合せをしたいというので、すぐに上京しました。体調を壊した妻に、10数人に及ぶ現場の方々の意見をもとに修正した箇所を打ち直してもらいました。関係議員には案文は何回も渡し、現場の方々の意見も届けてあるのに、そして修正箇所は波線まで引いてあるという親切なペーパーなのに「初めて見たので今日中に意見など言えない」などとめちゃくちゃなことを言う同僚議員もいて、統計表をつけて整理し、終わったのは6月5日(火)午前1時30分でした。可哀想な民主党事務局の担当者は午前3時になってしまったそうです。それに対して森林組合関係者、林業経営者等がきちんと読んで意見をメールでよこして下さったことには、感謝の言葉もありません。

 当然電車もなく、いつもの通りタクシーで九段宿舎へ帰りました。ずっと根をつめた頭脳労働しているので珍しく寝付けませんでした。
 6月5日(火)10時から農林水産委員会で赤城徳彦新大臣の所信表明を聞きました。農林水産省入省は私より10年後輩ですが、祖父の宗徳氏の後継として30歳で最年少当選し、連続6期、48歳です。同期生はまだ中堅課長クラス、若い新大臣に頑張れとエールを送りました。
 午後は、本会議、その後野党の松岡利勝疑惑追及チームを安倍内閣追及チームに衣替えした会合に付き合い、すぐに鹿児島へ講演に出かけました。
 皆吉いなお参議院議員候補者の応援のため大隅半島の曽於市の集会で講演、激励。地方に行くと昔私の講演を聞いたり、本を読んだりしたという方が、よく聞きに来てくれますが、今日も2人いて、話に花が咲きました。
夜はくたくたに疲れましたが、久し振りにゆっくり眠れました。九州の1人区でも当選者をいっぱい出してもらわないとなりません。

2007年06月04日

強行採決に抗議の深夜国会07.06.04

6月1日(金)夕方記

民主党は、大事な会合があると『召集令状』(動員)、つまり出席要請があり、応援しろという命令が下ります。呼び出されるのはかならず、1・2期生です。(選挙はいやですが早く3期生になりたい!)
 厚生労働委員会の2回の強行採決の現場(5月25日の「社会保険庁再編法案」、5月30日の「年金被害者救済法案」)に呼び出されました。昔ほどのケンカ(?)はありませんが、嫌なものです。

 5月31日は、久方振りに深夜国会になりました。年金で、支持率がガタッと減った安倍内閣が、例の「消えた年金」の時効5年を適用しないという法律を1日で作り上げ、6月1日のたった1日の審議で衆議院を通してしまうという荒っぽさ。怒ったのが、我が民主党です。櫻田義孝厚生労働委員長の解任決議案と柳沢伯夫厚生労働大臣の不信任決議案を次々と提出しました。こうした重要案件は、記名採決で一人ひとりが賛成票と反対票を持って演壇に登るため時間がかかります。「ミスター年金」長妻昭議員が、2時間近く提案理由説明したということもあり、本会議終了は、日付が改まった午前1時過ぎでした。
 多勢に無勢、政府案が次々と可決されるので、どっと疲れが出ました。与党が、民主党から攻撃され、いたたまれず参議院選挙向けに次々練れていない粗雑な法案を出してくるのは全く頂けません。
安倍内閣の迷走が始まった感がします。

2007年06月01日

松岡利勝農林水産大臣自殺の衝撃07.06.01

5月30日朝記

5月28日午後、私は、第一議員会館を15時出発で、菅直人代表代行、末松義規NC環境大臣等と共に築地市場及びその移転予定地である豊洲の視察に参加するため、新幹線『あさま』の中にいました。そこへ、長野事務所坂口秘書と岡本充功衆議院議員の2人からほぼ同時に松岡大臣が自殺を図った旨の連絡が入りました。「何と言うことだ」というのが私の正直な気持ちでした。

実は今週、秘かに松岡大臣を巡り用意しているものがありました。また、党首討論に農政も入る可能性があり、いろいろ準備しておりましたが、全てキャンセルになりました。

 松岡大臣は就任してすぐ、政治資金を巡って不実記載があり、それ以来、事務所の光熱水費、鳥インフルエンザワクチン、緑資源機構などと「政治とカネ」の問題の標的にされました。
私も3月1日の予算委員会の最後に本件を質問しましたし、3月20日の農林水産委員会では「農政が停滞している。説明責任を果たすべきであり、果たせないなら辞任すべき」と迫りました。それ以降、民主党の議員全員が冒頭「説明する気になったか」を確認し、同じぶっきら棒な答えだと大臣として認めず、以後、副大臣以下にしか質問しませんでした。
 こういった中での大臣の自殺です。何とも言えない虚しさだけが残ります。

 「説明責任を果たした上で、再び私(或いは同僚議員)と活発な質疑応答を」というのが、私の願いでした。大臣所信挨拶に対する2月20日の1時間30分の議論は、私が国会議員になって最も充実した農政論議だったと思います。上記の3月20日の厳しい通告の時もそのことを話しました。

 豊洲の視察後、菅代表代行へのインタビューなり質問も松岡大臣自殺についてが一番長くなりました。また、松岡大臣の相手方だった私にも議員会館に新聞やTVマスコミからの取材依頼が多く来ていることが秘書からのメールで知らされました。私は一切の取材に応じないことにしました。
 いろいろな方々のコメントの中で、笹川尭自民党党紀委員長の(任命責任より)「辞めさせてやらなかった責任の方が大きい」、何人かの「自ら命を断つなら説明責任を果たしてすっきりした方が楽なのに」というのが納得いきました。そして、「私の責任で任命した松岡大臣はきちんと説明責任を果たしている」とかばい続けた安倍総理の責任こそ重大です。松岡大臣の突然の自殺で、農政を更に混乱させ、「松岡氏の再チャレンジの機会を失った」(笹川氏)のですから。つまり、松岡大臣もさっさと説明してあやまるか、非を認めて辞任していたら、こんなことにはならなかったでしょう。
5月28日の仮通夜には遠慮しましたが、29日の東京での密葬会場にはお参りしてきました。
私としては、謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りする以外にありません。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages