« 篠原孝TV出演のお知らせ07.06.15 | メイン | 花の都パリ「外交赤書」07.06.21 »

政府与党・安倍内閣の暴走07.06.21

6月20日記
国会後半、安倍内閣と政府与党は、迷走・暴走を続けています。衆議院では強行採決が17回、そして今、切羽詰った参議院でも、ろくに審議もせずに強行採決が続きます。
一方で、衆議院の厚生労働委員会で、たった1日の審議で消えた年金の時効を延ばす法律(厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律)を強行採決しようとした時に、櫻田義孝委員長を羽交い絞めにした内山晃さんに懲罰がかけられました。懲罰委員長は民主党の横光克彦さんでしたので、与党は、委員長解任決議案を可決し、自民党の委員長代理で内山さんの30日間登院停止という荒っぽい懲罰を可決しました。これは60年ぶりの暴挙とか。
昔はかなり乱闘がありました。それでも登院停止などという除名に次いで重い懲罰はありませんでした。内山さんは、「私を罰しても安倍内閣・政府与党にこそ天罰が下る」と怒っていますが、そのとおりだと思います。まさに見せしめです。
強引な国会運営に対して、河野洋平衆議院議長不信任決議案も提出して野党の抵抗を示すことになりました。