« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月13日

追悼 宮沢喜一07.07.13

7月6日記
 はるかかなた昔(?)、1982年から2年間、私は鈴木善幸内閣のお膝元に出向し、安全保障問題を担当しました。その時の官房長官が、政治家としてまさに油が乗り切った宮沢さんでした。池田勇人首相には気に入られ重用されたものの、同じ大蔵省の先輩の大平正芳首相とはそりが合わず、冷遇されていました。選挙中に亡くなった大平さんの後任として図らずも首相になった鈴木さんは、自らの補佐役として宮沢さんを近くに置きました。後の中曽根首相を支えた後藤田正晴官房長官と並ぶ大物・重鎮であり、文字通り内閣の要でした。

鈴木さんは、大平さんの弔い選挙で大勝し、図に乗ってタカ派的体質を強める自民党を苦々しく思っていました。そこに釘を刺すべく内閣に「総合安全保障関係閣僚会議担当室」を設置しました。そこに農林水産省から食料安全保障担当で出向させられていたのが私でした。
 外務省から審議官クラス、通産省から課長クラス、外務と農水から課長補佐クラスが常駐出向し、その他関係各省から併任出向がありました。当時は、閣僚会議も存在しましたが、防衛庁からはオブザーバーで正式なメンバーではなく、鈴木さんの軍事を突出させないという強固な意志が働いていました。
 ところが、伊東正義外務大臣が、そうした首相の意に反して日米同盟を軍事同盟と言い切り、罷免(解任)させられました。同じ派閥で大平・伊東のまさよし(正芳・正義)コンビと鈴木・宮沢には相容れないものがあったようです。25年後の今、集団的自衛権の行使を認めるといった風潮を鈴木さんはどうみておられるか明らかです。
 そういえば、今の自民党は、小泉劇場、目くらまし選挙で、巨大与党になったところは似ています。しかし、首相は鈴木さんのような重厚・老練な平和主義者と正反対、宮沢さんのような名補佐役もおらず、数の力にまかせて強引に事を進める経験不足の首相が、憲法改正まで口にして暴走しています。四半世紀の歳月の流れを感じざるを得ません。
 鈴木さんと宮沢さんは、安全保障についての価値観は完全に共有していました。鳴り物入りでスタートした総合安全保障関係閣僚会議は、マスコミ、特に海外から関心が寄せられ、2ヶ月に1度開かれる会合の後の記者会見は大勢の記者で埋まりました。諸外国には、日本政府が初めて本格的に安全保障問題に取り組んだと映ったのです。
 名うてのタカ派青嵐会の暴れん坊、中川一郎さんが科学技術庁長官で、多分属人的理由で総合安保会議のメンバーでした。意見も過激でした。しかし、司会進行を勤める宮沢さんは、時々自分の意見を散りばめつつ、軌道修正されていました。事務方もほんの僅かしか入れない珍しい秘密会合で、記録は、私と外務省から出向したMさんのメモだけです。必死でメモをとりまとめました。
 ところが、メモに集中しすぎ、どんなやりとりがあったかはメモを見直さないとわからなくなってしまいました。そんな時、宮沢さんの「簡にして要」の記者会見を聞き、今回はこういう議論があったのかと頭の整理ができました。宮沢さんは気を使って司会をしながら、メモも取らないのに要点をきちんと頭の中に入れ、理路整然と説明されていたのです。頭がいいというのはこういう人をいうのかと舌を巻きました。
 後に私が政治家となり、民主党のリベラルの会の皆さんに共感を覚えるのは、この2年間の鈴木・宮沢ラインにどっぷり仕えたからかもしれません。だてに2年間官邸入りし、猪木正道防衛大学校長や高坂正尭教授と勉強会を重ねていたのではありません。
 宮沢さんの薫陶に応えるべく、私も心して安全保障問題、憲法問題に対処していくつもりです。

2007年07月09日

巨大与党自民党の野党転落に備えた周到な準備07.07.09

7月6日記
 久間防衛相の原爆投下もしょうがなかったという失言問題もあり、仙谷由人決算行政監視委員長は安倍首相の出席を求めて開会せんとしましたが、与党自民党・公明党が審議を拒否し、委員会は流れてしまいました。前述(6/30のブログ)のように、農林水産委員会も、いろいろ政治とカネの記載のでたらめさが指摘される赤城新大臣を危ういとみて開会に応じておりません。参院選の投票日が1週間ずれて何百億円の無駄遣いになる会期延長をしておいて、強行採決で法案を通したら後は知らん顔というのは、国会軽視で国民をバカにした対応です。現下の問題をとりあげてきちんと議論をして正しい方向に持っていくのが国会の役割です。

今緊急の問題として、農林水産委員会のミートホープ社の偽装問題、WTO農業交渉、緑資源機構の廃止、赤城大臣の政治とカネ、内閣委員会の久間防衛相失言問題、環境委員会の温泉爆発問題があります。それらを合わせて決算行政監視委員会や予算委員会を開くことも必要です。にもかかわらず、与党が審議拒否というのは前代未聞のことです。
 もう一つおかしな前代未聞のことがあります。自民党が民主党の農政提言(農業再生プラン)に対し、あれこれ誹謗中傷をし始めました。主なものは以下のとおりです。
1.自由民主党・討議資料(全農協配布資料) 06年10月
  『民主党小沢代表の農政についての考えは、実行不可能で無責任』
2.自民党FAX NEWS 07年1月
  『民主党・菅氏の自民党農政批判は事実誤認の数字違い』
3.中川秀直自民党幹事長・公式サイト民主党農業政策批判 07年1月28,30日
4.中川昭一自民党政調会長・衆議院本会議(施政方針演説に対する質問)
  で民主党農業政策批判   07年1月29日
 そして、とどのつまりが、全く同じスタイル、つまりカラーで4頁のマンガによる選挙ビラ「デタラメな民主党農政」です。思わず苦笑いです。正直言いまして、私は「民主党が政権をとれば」「自民党政権が続けば」というドギツイ言葉が踊る山岡賢次議員の案にはあまり賛成できなくて、いろいろ意見を言いました。しかし、喧嘩っ早い同僚議員はほとんどが、この挑発的なスタイルが好きなようです。私の担当した林政版は、前向きな「民主党が政権をとれば」は使いましたが、「自民党政権が続けば」は使いませんでした。
 しかし、巨大与党が恥も外聞もなく「気をつけよう甘い言葉と民主党」といったちゃちな中傷的文言が散りばめられたビラを作ったのです。年金で菅元厚生大臣に責任をなすりつけようとしたのと同じ類です。どうも農政版は回収されず出回っているようです。民主党が政権を握り、私が与党民主党の責任者になったら、こんな子供じみたことは絶対にしません。
 私は、一連の民主党の批判に対し、まとめて反論ペーパーを作成して関係者に配布していましたが、皆に配れという上層部の意見や同僚議員の何人もがほしいと言うので、最後の代議士会でその反論を配布しました。趣旨説明の際に以下の皮肉を言いました。
 「自民党が国会運営においても審議拒否とか、まるで野党のようなことをし出しました。さらに加えて農政分野では、自分たちの政策を訴えるビラではなく、民主党農政の揚げ足を取るだけのビラを作って配布し出しました。巨大与党自民党は、さすが余裕があるようで、着々と野党に成り下がるための準備を始めています。」
 私の皮肉がどれだけ通じたかわかりませんが、本会議では前列の長島昭久議員から「隣の北神と大笑いして聞いてましたよ。街宣に使える!」と言って握手を求めてきました。もっとも、これは私が多少アレンジしたものの、元は菅代表代行が嫌味を言っていたのが先です。
 民主党は政権準備党などと先走って言ったこともありますが、準備万端整っているかというと多少心細くなります。自民党が着々と野党になる準備をしているのに対抗して、わが民主党は心して与党政権党になるための準備をしないとなりません。

久しぶりの小沢代表レクはぶら下がりレク07.07.09

7月5日記
 7月1日(日)、21世紀臨調主催の党首討論が開かれました。
 前日の夜、党本部の農政担当から党首討論用の資料を揃えているという緊急要請が入り、なんとか資料だけは提出してありました。私は、クタクタに疲れた支持者訪問の後、夜中までNHKの録画中継をハラハラしながら見ました。25分間ずつ交互に質問するという、本物(国会)の党首討論にはない趣向が取り入れられており、安倍首相の質問は、民主党農政についてもかなり時間が割かれていました。

別のメルマガで紹介しますが、昨年秋から、政権与党の民主党農政に対する批判にはすさまじいものがあり、明らかに入念に用意しての攻撃でした。自給率向上の可能性、財源等についてかなり突っ込まれていました。小沢代表は、自給率については、私が以前レクした成果もあり、小麦や大豆の日本の単収が世界最高の半分しかないなどときちんと答えていましたが、1人区で固唾を呑んで見守る農民には、もっとはっきりと答えてほしいというのが、私の願いです。
 早速代表担当に電話してレクの時間をセットしました。小沢代表は各地、特に1人区回りに忙しく、めったに東京にいませんが、7月5日の国会閉会に向けて東京入りしており、7月5日の午前8時30分から党本部で待機ということでセットされました。7月4日夜「森と里の再生プラン」の論説懇を終えた後、10時頃からボランティア秘書の妻と2人で午前2時までかかって、既に作ってあった一連の自民党の指摘に対する反論を最新版に修正し、最近の「森と里の再生プラン」まで10種類の資料を用意して臨みました。ちょうど9時から共同記者会見、その後、10~15分間ずつ単独インタビューがセットされていました。
 このインタビュー記事が7月6日の各紙に一斉に載りました。日本農業新聞も15社の一つで、神経を使いましたが、たいした発言はなく掲載されませんでした。理由は簡単です。小沢代表の党本部到着が大幅に遅れた上、そこに鳩山幹事長の緊急案件が入ったため、私は待たされ続け、8階から6階に降りる間の「ぶら下がりレク」しかできなかったからです。FTA・EPAと自給率向上との関係等微妙なものもあり、30分は必要でしたが残念でした。
 残念ながら、完全に選挙に突入し、党首クラスは大忙しで、どこかで遭遇した時しかレクの機会はなくなりました。ただ、また党首討論があるなら、この時は事前に打ち合わせをしないとなりません。

「森と里の再生プラン」の論説懇と民主党の柔軟性07.07.09

7月5日記
 民主党は自民党などと比べ組織がきちんとしていません。地方組織だけでなく、党本部の組織も、よく言えば柔軟です。ですから、驚くべきことに、私の意見が、政策的なことばかりではなく、庶務的なことも含め、農林水産省の管理職時代よりずっとよく通ります。

例えば、3年前の参院選前、私1人が農業再生プランをどうやって配布するか頭を悩まし、1枚紙を作り、注文で配布しました。民主党のビラとしては破格の110万部が配られました。3年前も年金で民主党が勝ったと一般的には言われていますが、27の1人区で6年前の0(推薦2)勝25敗から13(民主単独9)勝14敗となり、民主党の勝利の原動力となったのは、民主党が本格的に農政に取り組むことを知らしめたこのビラと菅代表(当時)がそれこそ頻繁に農村行脚した賜物です。
 やはり勝てば官軍、それまで農政関係のペーパーは党の例えばNC閣議で成案を得るには2~3回農林水産部門会議に突っ返されるのが常でしたが、強引な(?)私の手法もあってか、さっさと通るようになりました。
 マンガ版農業再生プランを作り、72万部が出回り、民主党農政が農村現場に徐々に浸透していきました。
 そして今回、山岡賢次さんが、農政で使ったマンガビラに注目して、その延長でどぎつい選挙ビラを作成し、全国に300万部配布しました。これに気をよくして、他の分野にも波及して配布されています。年金などは4種類も作成されました。感度のいい山岡賢次という政治家個人の資質もありますが、民主党はそれだけ風通しがいいということです。
 そしてマニフェストと比べて大きく改善されたのは、すべてのビラが注文制になったことです。私は紙の無駄を省くべく、いつも口を酸っぱく言ってきました。第2弾のマンガ版農林漁業再生プランは、注意を怠って、まじめすぎ手早すぎる事務局が都市部議員にまで一律300部配布してしまい、大人気ない議員が無駄と文句を言い、それが全国紙の囲み記事に掲載されてしまいました。その後は徹底し、今回も「注文制」を強く主張し、少々無駄が省けています。ただ使途も考えず、私のように何でもとりあえず2000部とか注文していては同じですが・・・
 次がPRの仕方です。国会詰めの記者は細かい政策にはあまり興味を持たず、民主党の中はバラバラだとかいうことなどにばかりに関心を持ち、それしか記事にしません。そこで、私は、農業再生プランは、農林水産省に出向いて、2つの記者クラブで説明してきました。そして、これをすべてのビラについてもすべきと提案しました。山岡賢次さんは何かと硬直的な幹部の中では本当に物分りがよい人で、これもすぐ実行に移され、担当が関係各省の記者クラブに発表・説明に行きました。
 本家本元の私がやらないわけにはまいりません。7月4日、立派な冊子の「森と里の再生プラン」とマンガ版を引っ提げて菅代表代行と2人で農林水産省に出向き2時間たっぷりと説明し、夕方は論説委員を招き、夕食入りで懇談会を開き、PRに努めました。

 1  |  2  | All pages