« 【タラレバ若林農林水産大臣】 | メイン | 【民主党農政の象徴的候補、舟山ヤスエ候補圧勝の意義】 »

【痛手を負った自民県連が敗因を指摘─民主党の地方重視策(農家への戸別所得補償)】

年金にやられた、閣僚の政治と金、閣僚の不規則発言等、自民党の大敗の原因が列挙されます。そうした中で、日経新聞が自民党の県連を対象に敗因を調査したところ7割が、民主党の地方活性化策にやられたと答えたという。そして惨敗続投の安倍首相に地域格差是正、地方活性化策をしてほしいとしています。(8月4日朝刊)

年金は、政府の失政、いわば敵失です。政府・自民党が嫌われただけであり、基礎年金、一元化という政策が支持されたわけではありません。それに対し、野党の政策が理解され、心を掴んだのが、農家への戸別所得補償政策です。北川正泰さんがマニュフェスト導入を唱え、民主党がとびついて03年の総選挙から山ほどいろいろな約束がなされてきましたが、どれほど有権者が読みこなし、投票行動に表れたか疑問です。例えば、高速道路の無料化といった政策は話題にはなったが、それからといって民主党に投票した人は何人いたか不明です。
そういう意味では、今回、農家が民主党の農業政策を支持して民主党に投票してくれたのは、稀有のことかもしれません。マスメディアは、気がつかないようですが、地元で直接有権者に接する人たちはよくみています。何が投票行動に大きな影響を与えたか一番わかっているのです。ひょっとすると痛手を被った自民党農林族や幹部こそその原因をよくわかっているかもしれません。
町村信孝さんは、民主党が得点をあげたわけではないと言い切っています。確かに、4ha以上といったあまりに非現実的要件設定や安倍首相の危機管理能力の欠如を考えると敵失もあったことは責めません。しかし、その反対に、民主党農政と小沢さんのリーダーシップなりカリスマ性は、得点になったと思います