« 菅さん・真紀子さんからの応援要請07.10.16 | メイン | 村(区・町)民運動会と地域社会の連帯感07.10.22 »

真田十万石祭りでの間違い挨拶07.10.16

                                   10月8日記

 来賓挨拶はいつも緊張します。私は、どんな会合でもそれなりに挨拶します。しかし、考えていたことの7割話せれば成功と思っています。今まで、数々の失敗はあれど、大きな間違いはありませんでしたが、今回は、1分間で済まそうと思い慌てて、失敗してしまいました。

せっかくのお祭りに政治家の下手な挨拶はないほうがましですが、何しろ私の相手方小坂さんと比べて顔が知られていないので、招待されたらなるべく出席して喋らせてもらうことにしております。
 ところが、今回は若林農相も小坂さんも遅刻し、一時は私に二人の到着まで長々と話しをしてくれという勝手な要請がなされるくらいでした。そこで、1分間スピーチを仕切り直さなくてはならなくなりました。が、小坂さんが到着。先にやられ、それが終わる頃、若林農相が到着、私は予定通り一番後になり、明らかに聴衆は飽きているのがわかりました。
 私はありきたりの美辞麗句ばかりでなく、一つ二つ気の効いたこと(本人がそう思うこと?)を入れることにしています。
 風林火山で脚光を浴びており、誰でも知っている謙信と信玄が相見える「三太刀七太刀」の場面が演じられました。それをもじりつつ、以下のように話をしました。

 “川中島の戦いは、日本人なら誰でも知っています。今日の三太刀七太刀の場面も有名ですが、もう一つは「敵に塩を送る」(戦国時代、上杉謙信が敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救うという話)という言い回しが生まれました。
 今、インド洋では、〝敵(?)〟に油をタダで送ることが問題になっています。国会でも問題にされていますが、今回はそういうことは忘れ、1日真田十万石祭りを楽しみましょう。”

 ところが、小坂さんから「〝敵〟じゃないぞ、〝味方〟だぞ」と野次が飛びました。そうです私は、〝味方〟というべきところを間違えて〝敵〟と言ってしまったのです。大失敗でした。おめでたい席にきわどい政治問題は出さない方が無難と思い知りました。