« 『花の都パリ「外交赤書」』番外編・・・ボツ原稿「ヒューストン・サミット(1990年夏)と次官人事」より抜粋07.12.03 | メイン | 12月11日、13日の夕刊フジに私の記事が載りました07.12.14 »

全国後援会報告07.12.04

11月19日 4回目の全国後援会を開催しました。ご参加くださった方々、今年も全国後援会に入会してくださった方々に心よりお礼申し上げます。幹事の皆様方、いつもながらお疲れ様でした。
実は今回は皆さんがよくやっている2万円のパーティ券を購入してもらう、いわゆる政治資金パーティにしたかったのですが、いろいろな事情でやめました。

<超楽観的見通し―すぐ政権交代し、すぐ大臣に>
後援会幹事の皆さんは、小沢一郎党首とは全く違う楽観的な見通しで、民主党はすぐ政権を獲るに違いない。次に篠原はすぐに閣僚になるにちがいないという願望、期待の入り混じった楽観的見通しでした。

<突然の悲観的見通し>
ところが、ここから急に悲観的というか防禦的になります。大臣とか、政務官とかなりますと、いろいろ資金的な面も洗い出されます。その時に、いろいろ問題のある企業にパーティ券を購入してもらっているとよくない。例えば、今食品偽装で問題になっている企業とかありますが、私の場合は農林水産省行政という仕事柄、食品関係企業の人たちにおいでいただくことになる。その企業が偽装問題で問題になると、手心を加えたのではないかというようなかたちでつつかれる。だからやめようということになりました。
パーティ券を20万円(10枚)以上買ってもらうと政治資金収支報告書に公表する義務がありますが、そのパーティ券を購入してもらった分を返却するというのがよく行なわれています。最近で言うと、山田洋行から6年分220万円パーティ券を買ってもらっていた額賀福志郎財務大臣の例があります。そういう事を篠原にさせてはならないと、今度は非常に悲観的な心配をして、結局、折角本を作ったことでもあり、出版記念パーティも兼ねての国政報告会開催となりました。

<久し振りの政治家招待>
 “花の都パリ「外交赤書」”は、そもそも私の資金管理パーティのお土産用に作ったものです。政界用語、まあ自民党用語だと思いますが、「まんじゅう本」というのだそうです。パーティを開いた時に、まんじゅうをお土産に出すかわりに、本を持って帰っていただく、そういった類の本です。私は某農林水産大臣のまんじゅう本のゴーストライターをしたこともありますが、自分のまんじゅう本を自分で作るとは予想していませんでした。私は、暖めていたパリの話を書きました。
今回は、久方ぶりに政治家の皆さんにも来てもらいました。初回に一部の同僚議員をゲストに招いたのに次ぐものです。それからパリのOECDの関係者で、いろいろお付き合いいただいた方、特に登場人物については是非お許しを請いつつ、お招きなければならないと、招待しました。
 この手のパーティとしては非常に盛会で、たくさんの人に来ていただきました。ただ、いつも言われることですが、「そこそこの食事を出しているのに、これで採算がとれるのか?」と資金管理パーティと思っている方がまだたくさんいました。お土産には、私の本のほかに、長野で農業をしている弟の作っているりんご「ふじ」を持って帰っていただきました。

<知らないことだらけの政界ルール>
それから、後で初めて知ったのですが、いろいろな後始末が残りました。私は、この手のパーティには空いている時だけ適当に顔を出していました。ところが、今度、新たに採用した政策秘書は自民党の某議員の秘書を長らくしていて、いろいろなルールを知っています。ご招待は全同僚議員に出し、招かれた議員は、本人が出席するか、代理を出席させるか、メッセージを出すというのが常識だそうでして、何もしない議員はそんなに多くはないということを教えられました。民主党も同じだそうです。
私は今まで、秘書を代理で出席させたこともなく、まして読まれることのないメッセージなど全く出したこともありませんでした。たまに空いていて出席すると、必ず本人が名刺を持って御礼に来るのには気づいていました。何と儀礼の手厚い世界かと不思議に思っていましたが、今度は私が3つの議員会館をこまめに走り回る羽目になりました。なかなかパーティも大変だという事がわかりました。

<まじめな報告会の今後>
 私の全国後援会のパーティでは、今年も50ページ弱の冊子を作って、30分間ほど説明しました。自ら言うのもなんですが、こういう事をしている議員はそれほどおらず、後々の国政報告会の資料としても役立つものです。
 来年のことはわかりませんが、資金管理パーティをしろと周りから言われています。それはなんの為かと言うと、やはりお金が足りない。何に足りないかというと、地元の政治活動費です。もっと端的に言うと、第一に一生懸命働いてくれている地元の秘書の皆さんの給料を少しでも多くしてあげたいというのがありますし、もうちょっと拡充したいというのもあります。
 次に、私の活動を知ってもらうべく、国政報告をもっとたくさんの方々に頻繁に出したいという願いがあります。郵送代も含め、1部100円が相場ですが、3万戸に郵送すると、1回300万円になります。私は、年に2回しか出していませんが、できれば4回は出したいと思っています。
ただ、パーティ券を買ってくれる企業探しはもっと大変だろうなと想像がつきますし、やはりこのまま国政報告会だけにするのか迷うところです。