« 林業関連育成による100万人雇用創出-究極の雇用創出は農山漁村で(その2)-09.01.08 | メイン | 区の新年会挨拶集-09.1.24- »

民主党長野県連新年交歓会あいさつ-長野県全5区の小選挙区で勝利で、政権交代に花を添える-09.01.20

 皆さん、改めましてあけましておめでとうございます。
 この会場いっぱいのテーブル、私、国会議員になって5年、いろいろな会合に出てまいりましたが、これだけ盛会な会合はなかったかと思います。
 講演会では、昨年10月10日の私の総決起集会にゲストの田中真紀子さん目当てに、ホテル史上最多の方々においでいただきましたが、席のある会合では今日は記録を更新したと思います。
 それというのも、皆さんの民主党への期待がいやがおうにも高まっているからだと思います。
今、私は手元に5年前の参加者名簿を持っております。
 恥ずかしながら 5年前は私の事務所からは24名、その内、地元の中野から12名、高校の同級生7名、一般の方は僅か5名でした。
 それが、今年は3倍の80名に達し、申し込みをお断りして叱られる始末でした。
私への支援も各地に広がりました。皆さんの今日のこの熱気は、まさに政権交代前夜の趣があります。

 さて今年は政権奪取、政権交代の年です。
 我が長野県は五つの選挙区にすべて候補を立てております。先に話がありましたとおり、羽田さん、北沢さんが政権交代をめざして自民党を飛び出されて16年、その実現は目前に迫っております。
 選挙の予測ではまず滋賀県が全4区で勝利すると伝えられており、それに新潟、北海道が続くといわれております。
 しかし忘れてはなりません。我が長野県も全5区を小選挙区で勝利する可能性が十二分にあります。
政権交代の芽は長野から始まりました。羽田さん、北沢さんの一途な政治信念に敬意を表しつつ、政権交代に花を添えるべく、全5区で小選挙区で勝利させて頂きたいと思います。皆様の絶大なるご支援をお願いして私の決意表明とさせていただきます。