« 「将来世代にツケを回さないために-TPP、原発、消費増税をセットで考える-『TPPはいらない!』~グロバリゼーションからジャパナイゼーションへ~」日本評論社出版あとがきから | メイン | 台風直撃の日の民主党合同会議 ―社会保障と税の一体改革の大議論― 12.06.25 »

現下の主要政策課題への対応(篠原推測)-出版記念パーティー挨拶文より-12.06.03

 2012年5月22日に東京で『TPPはいらない!』と『原発廃止で世代責任を果たす』の出版記念パーティーを開催した。
 その折恒例により来場者へのお礼の挨拶状をお渡しするが、その裏に、私が作成した「現下の主要政策課題への対応(篠原推測)」をつけたところ、皆さんの関心を呼んだ。修正意見を言ってくる者、追加のリクエストをしてくる者、石原・橋下の違いを明らかにしてほしい言う者等、いろいろな反応が寄せられたので、皆様方にも公開することとした。
 それぞれの主張がどのように違うか、そこそこわかって頭の整理には役立つのではないかと思う。
 特に、政界再編を考えた場合、どの党が政策的に一致するか一目瞭然である。政策で再編か政局で再編かをチェックする資料ともなりうると思う。

TPP・原発・消費増税・対米外交への対応(篠原推測)
※PDFファイルが表示されます