« 鹿野応援 総括シリーズ9 「悪夢を見ているような気がした12年11月16日(木)と19日(月)」 - 13.07.14 | メイン | 鹿野応援 総括シリーズ11 「TPPの暴走を喰い止める」 - 13.07.16 »

鹿野応援 総括シリーズ10 「男 鹿野道彦の最後の勝負」 - 13.07.15

羽田雄一郎さん(長野県区)、鹿野道彦さん(比例区)を応援しています。よろしくお願いいたします。

「男 鹿野道彦の最後の勝負」
 鹿野さんは、父君の跡を継いで1976年34歳で衆議院初当選。その後、2003年の10回まで連続当選を続けます。その後、05年に落選、09年に復活、そして12年に再び落選。かつての安倍派(清和会)のプリンスも71歳になってしまいました。自民党で農相と総務庁長官と閣僚2回、民主党政権で菅・野田両内閣で連続農相。民主党では、羽田さんが引退して、小沢さんも去ったので、当選11回は一番の当選回数でした。今、菅さんと横路さんが11回です。
 今回、海江田代表の直々の要請により、急遽立候補することになりました。私は、海江田代表こそ厳しい政局の中での党運営について、鹿野さんの経験が必要と痛感されたと思います。
 そして、ひょっとすると晩節を汚すかもしれない危険を冒してまで立候補に踏み切られたのです。多くの関係者は、この退潮一途の民主党で当選できるわけがないと言います。しかし、私は鹿野さんの政治家としての心意気に感じるものがあります。絶対に当選してもらわないとなりません。終盤になりましたが、今も必死に山形で長野で頑張っています。