« TPP交渉の行方シリーズ13「「TPPと労働」の隠された真実‐日本企業を買収したアメリカ企業が自由に解雇することを狙う-」13.10.24 | メイン | 10/30(水)20:00~プライムニュース出演のお知らせ »

予算委員会報告1-予算委員会を終えて 13.10.25

 10月21日、予算委員会のテレビ中継入りの基本的質疑で質問した。
 今まで集中審議のテレビ中継入りでは質問したことがあるが、多くの視聴がある一日目というのは初めてだった。持ち時間が30分だけということもあり、政策よりも安倍総理の政治姿勢を取り上げ、現下の非常に重要な課題「憲法改正」「原発」「TPP」について、いかがわしいやり方を問い質すことにした。
 いつもの通り冗談や皮肉を交えながら追求した。質疑応答の雰囲気は委員室にいた人たちにはきちんと伝わり、テレビあるいはラジオをよく見ていた人たちにはそれなりに伝わったと思う。誰と誰が仲違いしたとかばかりに興味がいく政治部の記者の皆さんには、どうも別のことが気になったようである。STOP! TPPネクタイや、終わったあと総理に呼び止められ雑談をしたこと、そして、私の最後の発言「安倍総理が慢心で民主党的総理になっている」といったことばかりが取り上げられた。残念ながら、肝腎の質問内容がほとんど報じられていなかった。
 しかし、世の中にはしっかり私の意図をわかってくれる人がいるのである。メールなり、ご自身のブログで私の質問に対して非常に好意的に、私の意図したことを完璧にお分かりいただいている方がいる。また一方で、非常に厳しいメールも一通だけだがいただいた。
 今回の持ち時間は、30分で各論に突っ込んでいくには十分な時間がなかったが、次回個々の政策について質していきたいと思っている。

衆議院議員 篠原 孝

これ以降、いただいたメール・ブログのご紹介

〇篠原事務所より
 今回、テレビ中継で初めて篠原孝代議士の質問をご覧になられた方から、さまざまなメールを頂戴しました。頂きましたメールは、しっかりと篠原自身が拝読させていただきました。
 賛否両論ございましたが、改めて感謝申し上げますとともに、ここに頂きましたメールの一部をご紹介させていただきます。

<長野1区の方より>
☆ 歯切れの良い篠原先生の質問や本音かブラックジョークかと思わせる内容と硬軟合わせた、素晴らしいご質問でした。次回が楽しみになりました。
☆ 篠原孝議員の質問、初めて目の当たりに拝見、聞き入りました。堂々として、いつもの通り自然体で、それでいてみんなが一人残らずしーんと話に吸い込まれていて、首相もたじたじ、えらいのが出てきたな…て感じでいるようでした。
☆ 分かりやすく、なおかつ、核心を突いた素晴らしい質問だったと思いました。安倍総理に少し慢心が見えると言われましたが、納得です。……
最後に総理が篠原さんのところへ行きTPP反対のネクタイですか?の話をされているところを、今見ました。安倍総理のこの辺の率直さと言うか自然さと言うか、そんなところが国民にも受けるとこなんでしょうね。

<全国からのメール>
☆ LIVEで見ている我々が恥ずかしいくなる内容。貴重な税金をお支払いさせて頂いておりますので、十分に学習されまともな質問をされます事を国民を代表してお願い申し上げます。自ら質問内容を再確認されお恥ずかしくありませんでしょうか。(唯一の苦情メール)
☆ 78歳男性です。質問の鋭さと共に、素晴らしいお人柄もにじんでいて感銘を受けました。先生のような政治家がもっと増えると日本もよくなると思います。
☆ 先生の原発に関しての質疑応答には、感銘いたしました。先生の仰る通り、福島の原発事故原因が明確に総括されていない中で原発を他国に輸出するなどは、以ての外と思っております。安倍総理は、福島で経験した高い日本の技術力を基に輸出すると言っておりますが、福島原発の総括がなされていない中で、高い日本の技術力を基に輸出するという事が言えるというのが何とも不思議です。
☆ 貴殿のような代議士がいらっしゃるとは、露ぞ知りませんでした。民主党もまだまだ可能性がありますね。昨年12月の解散は、野田自爆解散ではなく、集団無理心中解散でした。
☆ 本日の国会予算会議での質問を拝見していて、胸がすっきりする思いがしました。…TPPのこと、原発のこと、憲法改正、特定秘密保護法案のことなど、篠原議員の仰ることに大いに共鳴いたしました。また、あのような質問の場で、ユーモアと皮肉をたっぷり込めながら行われる様子が素晴らしいと思いました。
☆ たまたまラジオで聞いていました。聴き流していたのですが、「おもしろいことを言ってる人だな」と思わず聴き入り、「誰?」と新聞の番組表を確認したら、篠原さんでした。…
☆ TPPにかかわる昨日の予算委員会質疑を視聴しました。ウェブサイト上でのISDS条項ご意見も拝見しました。的確なご認識に感心しました。
☆ 国会中継で篠原さんの事、初めて知りました。民主党にもこんな立派な方がいらしゃることに安堵しました。選んだ長野の人は偉い。逆風の中、小選挙区で勝ち上がった人が本物。…
☆ 予算委員会での質疑、なかなかよかったと思います。いまの民主党ではああとでも攻めるしかないでしょうし、安倍総理の痛いツボを押さえていたと思うのですが、どうでしょう。ちなみに「反TPP」のネクタイというのは、NHKは敢えて画面に入れませんでした。なので、翌日の新聞を読むまで、私は篠原議員が何を示して、ああも総理をタジタジとさせていたのかわかりませんでした。総理の地元、JA山口県の売っているネクタイなんですね。また「真正保守」なら、反TPP・反原発だろうという攻め方はうまい、と最近かなり「保守派」になってきた私は思います。

【一般ブログより抜粋】
(天空のブログ)http://blogs.yahoo.co.jp/jigenryu007/68704925.html
民主党にも「まともな議員が居た」野党再編は急務「自民政権に怨嗟の声」高くなる!!
注目したのは長野県選出の「篠原孝議員の質問だった」内容には触れないが安倍政権に三つの課題(憲法改正、原発、TPP)を突き付けて追及した。…
「鳩山・菅・野田」の民主政権時にもこの様な議員が民主にも居たのかと驚いた。
特別饒舌という訳ではないが・・・聞いていて実に分かりやすくユーモアもあり「安倍政権」の問題点《核心を突いていた》・・・この様な議員が政権時に表で活躍したなら民主党政権も今しばらくは続いたものをと残念だ・・・と考えた所だった。
数を頼りのお友達内閣「少数野党」が光って見える今国会《民主の轍を既に踏んで進む》傲慢与党!!
昨日・今日と国会の各野党議員の質疑を見て安心した。…
最後に昨日取り上げた民主党の篠原(質問)議員の《慢心に成りすぎて失敗した。民主党の轍を踏まない様に》とユーモアを交えて(安倍首相に)戒めの言葉を送った・・・篠原氏の・・・秀逸な質問風景を読売が今日改めて記事として取り上げていた

(ナガマツのブログ)http://ameblo.jp/mahasattva/entry-11649182525.html
美しい国へ
政治に関心が向かなくなって久しいのだけど、先日たまたま見た予算委員会で篠原孝さんという方が話しているのを聞いて妙に納得し、やはり議論は大切だと思ったので記しておきたいと思います。
私はそれまで篠原孝さんという政治家やその信条を全く知らなかったのですが、ボソボソと話しながらも、その示した内容は、今の時代を俯瞰したかのようで、一つの真理でした。絶大な人気を誇る安倍首相も思わず苦笑いしておられました。
議論は、いいですね。建設的な議論、つまり目的を同じくしている双方が、恣意を廃して、お互いを尊重しつつ行われる議論は、本当に大切です。ディベートの虚しさとは隔絶しているものです。篠原氏は、アイロニーを含みながら、それでも穏やかに、安倍首相を尊重しつつ話していました。
首相は『美しい国へ』『新しい国へ』を著しておられる、私も読ませていただいた、美しい国、誰もが求めるところ、しかも、利益ばかりを追求する国や社会ではなく、もっと別の尊い価値観によって、この美しい国土や国民を守らなければならない、と述べている。しかし、この「美しい国」の理屈と、福島第一原子力発電所の事故、汚染水の問題、東京電力の問題は、整合性が取れているのか。日本の、経済的な利益が優先され、風評被害を恐れるあまり、正確な情報もなかなか開示されず、美しい国土が汚されたままになり、当該地域に住んでいた国民が苦しんだままになってはいないのでしょうか、と問いかけた。
また、現行の憲法が、占領統治下にあって主に米国から押し付けられた憲法であるから、改正して独自の憲法を制定せねばならないという強い信念と、ほぼ米国が経済的に圧倒的な力を持ち、ルールメーカーになり得るTPPという枠組みに参加して、日本のルールを国際社会の関係性の中で変えてゆかなければならないという判断と、整合性があるのでしょうか、と問いかけたのでした。
とっても深い話だと感じました。


お取り上げくださりありがとうございました。