« 2021年8月 | メイン

2021年9月19日

【歪んだ畜産シリーズ2】長野県の北信地方から消えた鶏、豚、牛 -日本の傾向とは逆に畜産が減少、果実・野菜に移行‐ 21.09.19

資料はこちらから

日本農業全体は、前号のとおり米消費量の減少、食生活の洋風化という大きな流れに沿って畜産業重視に移る中、長野県は全く逆の方向に進んだ。

<家畜が消えた異様な農村になった北信地方>
50年前、農家には庭先で鶏がミミズやその辺の草をついばんでいた。農家の軒先には山羊になり綿羊なりが、1頭なり2頭なりの単位で飼われていた。農林水産省が農業の多角化で推奨したこともあり、水田酪農と称され乳牛を2~3頭飼う農家もたくさんいた。
ところが今、少なくとも長野県の第1区北信地方でこうした家畜をみることはほとんどなくなった。私の知る限りででは養豚農家がみゆきポークを売りにする飯山市にある。それからやはり飯山市の千曲川沿いに養鶏農家がある。それ以外ではほとんど見たことがない。

 10年ほど前になるが、廃校になった私の母校長丘小学校の通学区域の中で、なんと我が家が最後の鶏を飼っている農家であった。鶏を見させてほしいと小学校の先生が子供達を連れて、訪れて来たという。子どもたちは4本足の鶏や、乳牛の乳房を前脚に近いところに描くことがずっと前から指摘されていた。農村地帯でも鶏や牛を見られなくなったのだから仕方あるまい。

<数字で見るとよくわかる家畜の減少>
 長野県の畜産業の推移を別表4「長野県 品目別畜産戸数、頭数推移(1960~2020) 」でみるとその衰退振りがよくわかる。
 1960年と2020年を比べると、肉用牛の飼養戸数は46,750戸から375戸、乳用牛は32,630戸から288戸と数万戸から数百戸と10分の1に減っている。豚は21,710戸から69戸と3桁違いの300分の1に減っている。頭数も肉用牛は5万頭から2万頭、乳用牛も5万頭弱から1万5千頭と3分の1に減っており、豚もピークの1980年の26万頭から6万5千頭と3分の1に減っている。
 ところが、一戸当たりの飼養頭数は、せいぜい1~2頭だったのが肉用牛、乳用牛とも50頭を超え、豚に至っては936頭と激増している。

<普通に見られた庭先養鶏も忽然と消える>
 更に顕著な動きを示しているのが、採卵鶏であり、1960年には17万戸と長野県の全農家22万戸のうちの76%もの農家が、10羽ぐらいずつ飼っていた(表4)。いわゆる庭先養鶏である。ところが、1980年には1万戸強に激減し、2000年には60戸そして2019年には20戸と1万分の1に減った。つまり鶏は60年前はそこら中の農家に飼われていたのが、今は、人里離れた山奥で2万5000羽が大きな鶏舎で飼われており、普通の人々の目に触れることは少なくない。ただ、豚、鶏とも日本の平均規模の半分以下である。
 これは、乳牛に代わる農家の栄養源を提供していた山羊についても言える。夕上がり(農作業を終えて帰る)時に家畜用の草を刈ってリアカー(途中からガーデントラクター)に乗せて帰り、牛馬や山羊・めん羊にくれるのが日課だった。だから、長野県では1957年には山羊は5万8千戸、綿羊は5万6千戸と、約四分の一の農家が一頭ずつ飼育していた。つまり、あちこちの農家の納屋の隣に家畜がいたのである。そして農家の近くには、堆肥がうす高く積まれていた。それから30年後の1990年には、山羊が1,630戸、2,670頭、めん羊は450戸、3,240頭に激減し、2010年には両方とも200頭しか飼われなくなってしまった。

<野菜、果実が半分を占める特徴ある長野県農業>
 長野県農政部の統計によると、2020年の農業総生産額(産出額)は2926億円で、その内訳は野菜818億円、果実656億円、キノコ503億円、コメ444億円に次いで畜産が298億円となっている。野菜、果実で半分を占め、畜産は10%に過ぎない。日本全体と比べると野菜、果実の比重がかなり高く、畜産が著しく低いのが特徴である (表5「2020年の長野県農業産出額(県農政部統計)」)。近隣の農地の使われ方をみれば一目瞭然である。

<役牛は家族同様だった>
 我が家では1960年代初頭まで役牛としての牛が玄関と繋がる牛舎で家族同様に扱われていた。だから家の中に蝿が飛び回っていたし、臭いも別に気にならなかった。私の世代(1948年生まれ)は、牛の鼻緒を引っ張って「田かき」をした最後の世代だろう。
 牛は賢くて、私だと馬鹿にしていう通りに動かなくても、祖父が声を出すと従った。それが売られて行く時は、事情がわかるのだろう。外へ出るのを嫌がり暴れて鳴いた。切なくて私も奥の部屋で涙を流していた。
 収入源が米と蚕から果樹に変わるころ、その牛も用済みとなって消えていった。その結果、野積みされた堆肥の山は消え去り、北信地方の田畑にはここ数10年、堆肥がほとんど投入されていない。このまま続ければ、地力が衰えていくのは必至である。今や農村にいても、犬・猫等のペットを除けば動物園に行かなければ動物も鳥もみられないことになり、家畜と過ごすことによる情操教育もままならなくなっている。あまりの変貌に驚くばかりである。

<日本の供養の精神こそ動物の権利、福祉につながる>
 我々の祖先は耕すことに、そして荷車を引っ張ることに貢献した馬に感謝して馬頭観世音をあちこちに建てていたのである。野生動物は食べても身近な家畜の肉は食べなかった。つまり皆が供養の精神を持っており、他の生命に対して敬意を抱き「いただきます」と感謝して食べていた。
 仏教上の理由からも殺生を嫌い、もともと日本には肉食は普及しておらず、歴史的に日本こそ動物の権利や動物の福祉を普通に考えていた国だったと言える。それが戦後、特に最近の効率一点張りの風潮の中で家畜に対する愛情が消えていってしまった。今、世を挙げてSDGsの時代、そしてグリーン化が叫ばれている中で、動物の世界のグリーン化こそ遅れに遅れているのだ。

<OIEの勧告通りの鶏の飼い方をしていた1960年代>
 鶏には食事の残り物も餌にするし、なっ葉の捨てる部分もくれることになる。「にわとり小屋」があってもいつも昼間は放し飼いにする。堆肥の山に多くいるミミズをついばみ、草をむしって1日中動き回る。小屋には止まり木もあり、卵を産む巣箱もあった。1960年代はまさにOIEの勧告そのものの飼い方だった。
 夕方には行儀のいい鶏は自分で小屋に戻っていくが、いつまでもうろついている遊び人(鳥?)がいて、これを小屋の中に追い込むのが私の仕事だった。また、卵を単箱で産み落とさない鶏がいつも1~2羽いた。ところが、そこら中にデタラメに産むかというとそうではなく、納屋の稲わらの置いてある決まった場所に産んでいた。つまり自分の好みの場所があるのだ。だから何日かに1回はその鶏のアジトを探ることになる。

<卵は風邪をひいた時のみ、廃鶏は誕生祝いへ>
 卵は大切な現金収入源でもあり、一週間単位で集められ、主として祖母と母の貯金に回った。当時「たまご貯金」と呼ばれ、女性が自主的に使えるお金として生活改良普及員や農協が奨励していた。その自由になるお金で旅行に出掛けたりして、農村婦人の自立に役立っていた。私が卵焼きを食べられるのは運動会や遠足の日の弁当くらいだった。もう一つ、風邪をひいた時はネギ味噌に加え、栄養をつけなければならないということで生卵かけご飯にありつくことができた。
 そして、最後に廃鶏を絞め、その肉で鶏肉鍋かカレーで私の誕生祝いというのが定番だった。長男の私をことのほか可愛がる祖父が全ての工程をとりしきり、私はそれをずっと眺めて育った。跡継ぎの私には優しい祖父だったが、このご馳走は二人の弟の誕生日にはなかった。それなのに農業を継がず一番下の弟が継いでおり、祖父にも弟にもすまない気持ちでいっぱいである。

2021年9月17日

【歪んだ畜産シリーズ1】アキタフーズ事件、吉川農相辞任の原因は歪んだ日本の畜産業にあり‐OIEの勧告は世界の潮流‐21.09.17

資料はこちらから

日本の農業は、急激な変貌を遂げている。この中でも、畜産業の変貌は顕著である。

<世界の農業の中心は畜産で、日本もそれに近付きつつある>
これを農業総生産額に占める割合でみてもよくわかる。まず、米の割合が1960年の47.4%から2019年の19.6%と30ポイント減、半分以下になっている。その一方で18.2%から36.1%とほぼ2倍に増えているのが畜産業であり、今は野菜、果実の合計を凌ぎ第一位である。(表1「年次別農業総産出額 参照」)
 欧米先進国では、とっくの昔から畜産業が圧倒的1位を占めている。つまり、面積的には穀物だが、金額的には高い肉と牛乳を生産する畜産業が農業の中心なのだ。

<急激に規模拡大した日本の養豚・養鶏は世界1、2の規模>
 ただ、畜産業の変遷の中味をみると、その異様さがよくわかってくる。狭い国土面積の制約を受けないことから、規模拡大が急激に進んだ。それでも牛は放牧できるある程度の面積も必要とされることから、1970年比で、肉用牛は29.3倍(2頭/戸→58頭/戸)、乳用牛は16.0倍(6頭/戸→94頭/戸)に過ぎないが、いわゆる中小家畜の規模拡大は半端ではない。豚は14頭/戸から148.7倍の2,119頭/戸となり、アメリカの1,089頭/戸の2倍近くである。日韓米英仏独の6カ国の中でも1位となっている。(表2「日本の畜産業の平均飼養頭数拡大の推移」・表3「六ヶ国の畜産業の平均飼養規模比較」参照)
 採卵鶏にいたっては、70羽/戸から66,883羽/戸と1000倍近くになっている。それに対し、欧米諸国は1000~3000羽/戸と日本の50分の1以下の規模である。規模が小さい日本農業だが、中小家畜では欧米諸国よりずっと規模が大きいのだ。

<大企業経営の採卵鶏、養鶏>
 ひたすら規模拡大を続けるばかりだった中小家畜飼育は、後述するようにOIE(国際獣疫事務局)から指摘されるまでもなく、歪みきっている。ごく一部の小規模酪農家を除き、豚も鶏も肥育牛ももうおよそ農家とは言えない大経営体である。採卵鶏・養鶏ブロイラーの経営体は日本全国で2000経営体強にすぎない(表2)。いずれも規模では世界一を誇り、採卵鶏6万7千羽(2,120経営体)、ブロイラー6万2千羽(2,250経営体)である。これはとても農家という範疇に入らず、まさに大企業そのものである。その一つが、採卵鶏業界第2位のアキタフーズである。だから農林族議員に数千万円を贈与、クルーザーまで所有している。養豚に至ってもアメリカを凌ぎ世界一大規模なのである。

<日本の非鶏道、非豚道的飼育は異様>
 この差は動物や家畜に対する考え方、態度においてかなりのギャップがあることから生じている。そして、ここにアキタフーズ事件が発生する要因が隠されている。
 欧米先進国とて効率だけを考えたら、1000頭飼育する豚舎も1万羽飼育する鶏舎もいとも簡単に作れる。しかし、そうした飼い方を規制して大規模化させないでいる。家畜も普通に生きる権利があるとみなされ(動物の権利 Animal Right)、ぎゅうぎゅう詰めの飼育をためらうとともに、そうした非鶏道的、非豚道的飼育が禁止されているからである。やみくもに規制緩和に走り、効率だけを追い求める日本は世界の潮流から離れるばかりなのだ。

<OIEの勧告は当然のこと>
 近年の日本は、飼育者(農民)に家畜に対する愛情もなくただただ卵を産み、肉を生産する機械のごとく扱ってきたのである。だから国際獣疫事務局(OIE) が、もっと優しい飼い方に改善せよと勧告を発しようとしたのだ。
 OIEは飼育の仕方に加え、家畜の屠殺場やそこに輸送期間の虐待等を問題視し、動物福祉(Animal Welfare)の管理体制を確立することも求めている。2018年9月、単箱、止り木の設置を義務化する提案をしたが、日本は卵のひび割れが生じ汚れが増加する、また死亡率が増加するとして反対意見を提出した。その結果19年9月には見送られていた。
 アキタフーズの社長はOIEの勧告通りになったら日本の養鶏は潰れると恐れ、政界、官界に働きかけを行い、吉川貴盛農水相の贈収賄事件に発展した。

<2004年の本会議の趣旨説明で問題を指摘>
 私は、遅かれ早かれこのような事態が来ることをとっくの昔から想定していた。2004年鳥インフルエンザが猛威を振るっていた時に、私は新人議員として本会議の壇上に立ち、非鶏道的飼い方はいかがなものかという問題を提起している(「2004年の本会議、議員立法の篠原提案理由趣旨説明)。ところが、心外なことに、今回のこの収賄事件に絡み、有権者から農林議員の1人として私も同じようにアキタフーズから2千万円とはいかなくても、何百万かもらっているのではないかという嫌疑を有権者からかけられびっくり仰天した。

<観光の観点からケージ飼いをいち早く禁止したスイス>
 1982年、スイスはいち早くケージ飼いを禁止している。動物福祉、動物の権利という観点もあることは確かだが、鶏糞の悪臭を嫌ったこともある。スイス観光に来た人たちがあの悪臭がしてきたら興醒めする。牧歌的景観を造り出す山岳酪農に多額の補助金を出しているスイスは、ケージ飼いによる悪臭をなくすことは当たり前のことなのだ。

<世界の潮流はケージ飼い禁止>
 EUは2012年「採卵鶏を保護するための最低基準を定める指令」により、ケージ飼いを禁止し、止り木に止まる、砂浴びをする、単に卵を生むといった鳥の習性を重視する飼育方法への転換を求めた。他に給餌、給水、照明、身体切断処理等についても詳細に規則を設けている。他に、ブータン、インド、アメリカの6州も禁止している。
 養豚でも母豚が気づかずに子豚を踏み殺してしまうことを避けるため、狭いところに押し込む「妊娠ストール」が導入されているが、これでは方向転換もできないため、EU、スイス、NZ、豪、加 等が禁止している。
 こうしたことを受け、スターバックス、ネスレ、ユニリーバ等外国の食品企業や大手ホテルチェーンは平飼いの鶏肉や卵しか扱わなくなっている。アメリカは2025年までに70%をcage free(ケージ飼いをなくす)にする目標を掲げている。

<効率一辺倒の結果、卵は物価の優等生>
 ところが日本はこのような規制は一切ない。動物愛護管理法と畜産技術協会の「動物福祉の考え方に対応した飼養管理指針」があるだけである。
 前述のように日本はあくなき効率主義で、動物の福祉や動物の権利といった観点は全く取り入れられていない。こうしたことから卵は70~80年前から1個10~20円(1パック150~200円)と物価の優等生と崇め奉られている。この結果、日本は年間一人あたり338個と世界第2の卵消費国となっている。
 日本でケージ飼育が禁止されると、狭隘な土地で何千羽の鶏を放し飼いすることは不可能である。仮に平飼いをしたところで、手間がかかり卵価は大幅に上昇することになる。安さのみ追及する消費者には受け入れられない。

<フォアグラを巡る論争が動物の権利・福祉問題の象徴>
 フランスは動物愛護に熱心な国である。森をぶち抜く高速道路が野生動物に悪い影響を与えるというで、トンネルを作って往来できるようにしたり、森と畑の間に柵を設けたりして共存を図っている。だから、養鶏の規模も3000羽程度に抑えており平飼いが中心である。
 だから、アヒルやガチョウに強制給餌して肝臓を肥大化させたフォアグラは、当然批判の槍玉にあげられた。フランスはこうした動きの中で、2005年フォアグラをフランスの美食的文化の一部だとする法案を可決している。それに対し、他のヨーロッパ諸国は強制給餌を禁止する傾向にある。世界のフォアグラ生産の8割を占めるフランスからの輸入は認めるという矛盾も存在する。2019年ニューヨーク市議会は強制給餌を禁止する条例を採択している。
 こうした中、どう考えてもウィンドレスファームで太陽の光を一度も見ずに一生を終える日本の養鶏は文化遺産とは言えまい。日本はもっと本格的にこの問題を考えていく必要がある。

2021年9月 8日

安倍前首相の菅首相後継指名が失敗の原因 ー同じ東北出身の鈴木首相と比べると菅首相は器が小さいずるい政治家だった-21.9.8

<企業と違って政治では後継指名は無理筋>
 企業の場合は、社長が次期社長を指名し本人が会長等に退いて引き継がれていく。それに対して政治の世界では「後継指名」と言葉では出てくるが、実際は前首相が後継を指名することは希である。政治家は企業と違い有権者が選ぶものであり、議院内閣制の日本では、首相を国会議員が選ぶ。その前に、今の政権与党の自民党総裁が自動的に総理に選ばれるが、総裁は党員投票も含め選挙で選ばれる。だから時の首相が次の総理を決めようとしても無理であり、そこに前首相があれこれ介入するのは民主主義に悖ることになる。

<政界は何事も選挙で選ぶ>
 後継指名でなくても、田中角栄首相がそうであったように、2年で首相を退いても、後々大派閥を背景にキングメーカーとしていろいろ口を出すことになった。それでも最終的には自民党の総裁つまり日本の首相は自民党内の選挙で選ばれる。だから政治の世界では後継指名はなかなか見られない。特に三角大福中がひしめき合ってしのぎを削っていた自民党の黄金期には、後継指名などあり得なかった。

<トップは去り際が大切>
 ところが、安倍長期政権でやはりおかしな方向に進んでしまっている。後継の菅首相は明らかに安倍首相の指名であった。その結果が1年しか持たないという惨憺たる結果になっている。世界は再び首相の使い捨て(竹下首相の口癖)が始まり、日本政界は不安定化していると危惧し始めている。日本の評価を落としているのは明らかである。
 私はやはり政治の世界は後継指名はむしろ慎むべきであり、引退したトップは後は他の人たちに任せるのが常道であると考える。そういう点では細川護熙や小泉純一郎、福田康夫等は首相を辞めた後衆議院議員にもならなかった。それに対して我が野党側の元首相の菅直人、野田佳彦はずっと今も衆議院議員であり続けている。だから私は2012年に2人はもう政界を引退すべきだと公言してきた。

<トップの器と中隊長の器は最初から違っている>
 官房長官から首相になった人はどれだけいるか見ると、平成以降、小渕恵三、福田康夫、安倍晋三、菅義偉の4人だけである。その前もそうだが外相、財務相と比べるとずっと少ない。官房長官は言ってみればNO.2であり、やはりトップとNO.2は元から違っているからではないかと思う。
 役所にいたころ、私の趣味の先輩というのはアイデア豊富で、新しい事を積極果敢に取り組んでいる人たちであり、その人たちを見習って私は仕事をしてきた。ところが私の尊敬するそういった人たちはなぜかしら事務次官にはならなかった。おかしいと思っていたが、私は途中から切り込み中隊長と大将軍とは元から違うのではないかと思うようになった。
 つまり私が尊敬してやまない先輩たちは、言ってみれば切り込み中隊長として相応しくとも、ややこしい調整が必要とされる農政のトップには向かないのかもしれない。多くは何をしてきたのかわからない目立たない者が事務次官になっている。最近、一人私と同じ課で2回部下として一緒に仕事し上司として使い勝手のよい優秀な後輩が、次官になり農水省がキリキリ舞いさせられたようだ。私はその当時から「お前の部下になる奴等に同情するよ」と警告をしてきたが、無駄だったようだ。農水省の伝統はやはり墨守したほうがよいのだろう。

<期待を裏切った菅首相>
 政治の世界で言えば首相と官房長官は全く違った素養が求められており、官房長官でうまくやったからといって首相に相応しいとは言えないということである。2月3日のブログ(「菅首相の支持乱高下の理由は人柄への期待と見込み違い」)で報告したが、私は菅首相は、団塊の世代の代表であること、田舎生まれの代表であることからそれなりにうまく務めてくれるのではないかと期待していた。これは日本国民全般がそうで、驚いたことに内閣発足時には小泉純一郎、鳩山由紀夫に次ぐ第3位の高い内閣支持率を記録していた。
 ところがその後、瞬く間に支持率は下がっていた。案に相違して田舎の好々爺ではなく独善に陥った頑固爺にすぎなかったのだ。

<菅辞任は当然のこと>
 その弊害がもろに出たのが東京五輪とコロナ対策の関係ではないかと思う。オリンピックに拘り続け、コロナ対策は疎かにし五輪に合わせて緊急事態宣言を発したり解除を早めたりというめちゃくちゃなことをしてしまった。国民の目は確かである。こうしたことで国民をイライラさせ支持率は急激に下がっていった。私はもう辞任は時間の問題だと思っていた。権力者は何でもできると言うが、これだけ仲間内からもNOのシグナルを出されてはやっていけまい。あっさりと突然辞任した。

<鈴木善幸首相の見事な退陣>
 私は首相の去り際というのを間近で見たことがある。鈴木善幸首相の時(1980年~82年)、内閣府総合安保担当室に出向し、官邸に出入りしていた。鈴木首相は一般国民には全く無名で、Zenko, Who?と言われていた。三角大福中の権力闘争があまりにも激しいので、敵のいないベテランの鈴木首相が選ばれたのだ。自民党が健全だった頃の絶妙なバランス感覚である。
 丁度いい派閥均衡の上に立っていたので、皆が長期政権になるだろうと思い始めていた。しかし、私は近くにいてそろそろ退陣の表明をされるのではないかと思うようになった。それを同じ総合安保担当室に出向していた娘婿の浅見敏彦審議官 (大蔵省)にも後に外務大臣になる上司の川口順子内閣審議官にも言ったが、誰も信用しなかった。ところが、私の予測した通り鈴木首相は2年過ぎた秋に突然辞任を表明した。

<菅首相と鈴木首相の謙虚さの違い>
 どうしてわかったかというと、なかなか一言では言えないが、記者会見のときの言い回しと総合安全保障関係閣僚会議のときの態度等から感じ取った。自民党を落ち着かせろという使命を果たしたことから、その後を受けた中曽根康弘は5年の長期政権になった。鈴木首相には、自分は単なる中継ぎであり長くやることは慎もう、という控えめな態度が最初から見られた。私は菅首相が思いがけず総理になったということで、鈴木首相と同じような気持ちで政権運営をすると思っていたが、謙虚さなど少しも感じられず、放漫さだけが目立った。

<農業・農村への思い入れのない菅首相と漁業・漁村への愛情あふれる鈴木首相>
 そういえば、同じ東北の片や農村、片や漁村の出。菅首相は農業が嫌で飛び出し、野心のとりことなりあちこちの派閥を渡り歩き首相まで登りつめた。農業・農村への愛のひとかけらもみられなかった。安倍首相ですら、はっと息を呑む美しい田園風景を守るとかきれいごとを並べ立てたが、菅首相はそうしたそぶりは少しも見られなかった。
 それに対して鈴木首相は、ずっと漁業・漁村に尽くすことを第一とし、農林省を農林水産省に名称を変更し、水産庁長官を次官にしようと奔走するなど、漁業への思い入れはずっと続いた。首相になったらあらゆるまず公的な職は退くのがルールになっていたが、漁船海難遺児育英会の理事長だけは頑として続けた。もともと貧しい上に、父親も亡くした子供の学費を提供する仕事は、自分が死ぬまで続けるというのだ。
(内閣府出向中に書いた論文がもとで、本を出版し講演が相次ぎ、私は臨時的収入を得ることになった。役所の仕事の延長であり、大半は課の親睦会に消えていたが、私も鈴木元首相にならいこうしたお金数百万円寄附している。)

<息子の扱いも大違い>
 そして、息子俊一も全魚連に就職させ、後継にしている。一方、菅首相は、息子を総務省の息がかかった東北新社とやらに入れ、総務省の谷脇康彦局長、山田真貴子内閣広報官といった役人をスキャンダルに巻き込み辞任させている。あまりの好対照である。
 こうしたことの総合的結果として見事な退陣と追い込まれた上の哀れな退陣の差が出てしまったと言ってよい。
 後は、我々野党がどう戦うかという難問だけが残されてしまった。