« 電話のご意見報告(1) 21.10.28 | メイン | 麻生自民党副総裁の「うまい米は温暖化のおかげ」発言を糾弾する -農業に冷たい自民党政権のボロが出た-21.11.1- »

電話のご意見報告(2) 21.10.29

前回に引き続き、ご意見をいただいた方のメモ(秘書が書き留めたもの)を、プライバシーにかかわる部分を削除してご報告いたします。(10月27日午前中までのもの)

1回目はこちら

【立憲民主へのご意見】
・立民党が政権交代を果たしたいなら枝野代表を変えなければ多くの支持を得られない。人格的に評価されていない。
・モリ・カケ・サクラの様な長期政権の歪みがもたらす弊害をどのように起こさないかという方策を示す事が、批判ばかりという批判をされないと思う。
・民主党政権時の期待裏切られたので入れる気持ちはない。
・官僚がきちんとものを言わない忖度政治、野党もこの状況を打開せよ。
・野党は自分勝手な主張をやめてまずまとまる事。自民党を見習え。
・風は追い風だと思うが、がんばれ。
・前に政権をとったときみたいな同じヘマはしないでほしい。
・まずは政権を取らなければ政策云々をいっても仕方ない、枝野にも玉木にも働きかけてもっと大きな塊を作ってほしい。
・党の中枢で頑張ってほしい。上層部の顔ぶれが変わっていないから支持率あがらないのでは。
・連合の言いなりになっている立民は情けない。愛知出身。昔の愛知のトヨタ労組の言いなりになっている社会党のようである。党議拘束はやめたほうがいい。党首ではなく地元の方を向いた政治家が増えるべきである。
・政権取らなければ政治への意見要望を言っても仕方がない。

【政治への一般的批判】
・国政に対する要望として「腐りきった現行の体制を、全てひっくり返してもらいたい」「政権交代しか方法はない」とのこと。
・党間の争点見えない。
・各党とも耳ざわりの良いバラマキを言っているが、子供に将来のツケを回しているだけ。自分は給付金はいらない。昔の質素な生活に戻ればいいだけ。

【コロナ】
・コロナ対策として雇用の確保。
・篠原さん大好き。コロナ対策しっかり。
・コロナで疲弊した飲食・観光業の復活を、長野県は観光立県。
・(会社経営者)社長は子供に譲ったが今でも現場に出たり会計をみている。コロナ禍で設備投資が見込めず業況厳しいが、補償金はもらっていない。(特定定額給付金の)10万円給付も寄付した。以前篠原さんが来た時の名刺をまだ持っている。10代の頃から裸一貫でやってきたので世襲政治家は嫌い。子供2人には篠原さんに入れるよう言ってある。
・コロナで東京にいる孫と2年も会っていない。
・コロナを終息させることも大切であるが、経済をどのように復調させるかも重要である。経済対策も併行させてもらいたい。
・感染率が急減した今こそコロナ対策が一番と考える、この状況に油断してはいけない。

【年金社会保障】
・特にないが年金上げてほしい。
・厚生年金もらっているが増額してほしい。
・昔と比べると高齢者は安心して老後を過ごすことができていない。一部の富裕層と多くの生活困窮者で構成される社会になってしまった。大企業の内部留保だけが増大して、庶民には富が分配されなかった。多くの国民が幸せを享受できる社会へと変えていってもらいたい。(80代)
・介護サービス年々細っている。(借りたいものが借りられない)須坂市中野市信濃町に比べ長野市は特にひどい。市の担当者は厚労省の指針をタテに改善しようしない。サービスを受けられない自宅難民が今後急増する。何とかしてほしい。
・子供食堂に関心がある、親の格差が教育面にも影響し構造的な歪みが生じている。
・弱い立場のものを助けてほしい。
・遺族年金では生活が厳しい。
・孫がいるので子供への予算を確保してくれる政治であってほしい。
・必ず篠原さんに入れる(投票する)。高齢者に寄り添った政治になるようにと期待している。いつかはわざわざ自宅まで挨拶に来てくれたが(17年8月)、そこまでしてくれなくても支持している。

【選挙へのご意見】
・世襲を批判したら良いのではないか。絶対、負けてはいけない。
・世襲批判をしろ 広島県はみんな世襲だ。長野県もそうなってはダメ。テレビ等があるとき、端的に指摘すべき。負けてはならない選挙だ。
・北野建設出身なので市長は荻原。若林ではダメ、見識のある人に任せたい。
・2回ほど来てもらったが普段から多忙で会えなかった。近くに住む娘夫婦にも投票するよう言ってある。
・今回は選挙に行って自民党を負かす。
・コロナ禍につき集会は開催せず、感染症対策を最優先とした方針につき、十二分に理解できる。篠原さんが直接訪問してくれたことを覚えている。
・相手候補はフットワークで確かに支持を拡大している。2年前自分の所にも支持の依頼にきた。安倍は嫌いなので断った。
・篠原さん、絶対当選させなきゃいけない。それと3区は裏切者を落とさなきゃいけない!自分は裏切者は許せない性分なのだ。
・野党共闘良いことだ、政権用の人材必ずいる。今回は飲食業やコロナで苦しんだ若い層の投票率が上がるのではないか。
・何としても絶対当選してもらいたい。
・街宣車を3,4,5区に、応援弁士を呼ばないはコロナ対策律儀すぎだ。自身も観光施設の経営をやっていて思うが、あまり悠長なことは言ってられない。スレスレのスレをいかなきゃいけないんだ。出来る限りの支持の拡大はします。
・「共産党から電話による投票依頼が来た(24日午後)。立憲民主党が先にならなくてはダメではないか。」とのお叱り。応援している。
・80代の高齢で杖をつきながら30分近くかけて投票所に行かねばならない。もう投票は止めようかと思うが野党共闘のため何としても行くので、そちらも頑張ってほしい。以前篠原さんが来た時本人とは思わずかなり文句を言ってしまった。
・期日前投票に行って篠原さんに投票してきた。比例代表の投票において党名の略称が立憲民主党と国民民主党がともに「民主党」になっており大変紛らわしいので変更すべきだ。
・アベノミクスは全く国民の生活を豊かにしていなかった。長野県内5選挙区のうちいくつを野党で占めることになるであろうか。期待している。
・街頭演説を聞きたかった。自民党の出鱈目にはあきれ果てる。共産党と組むことには違和感を覚えるが、政権交代のためにはやむを得ないか。
・応援している。相手候補はかなりお金をかけているようだ。対して活動が地味に見えてしまって大丈夫かな、と思ってしまう。
・投票してきた。略称「民主党」について質問あり。
・若い人の投票率が上がらないのは残念だ。新聞を読む人が少なくなっているのではないか。
・連合と共産党の関係でとやかくいわれないようにしてほしい。今回の選挙で政権交代できなくても、大事なのは与野党伯仲だ。立憲はその責任を果たしてほしい。モリカケや桜、今回の麻生発言など、自民一強を正さなければならない。
・今日(26日)の信毎の宣伝を見て悲しくなった。松井孝治【私にとって立憲は終わった】ゴミみたいな政党がいくつあっても仕方ない、まずまとまって政権をとってから意見を戦わせればよい。主人はいつもテレビに向かって文句ばかり言っている、外に出て人に向かって話せと言っているが。市長選も誰に入れてよいのか分からない、周囲は若い人が良いと言っている、荻原健司はスポーツばかとは言わないが頼りない感じ。
・3区、5区も取ってほしい。1区、比例復活許すな。
・若夫婦含め4票は大丈夫、昨日のテレビも見ていたがもう少し元気さと必死さがほしい、篠原代議士の地であることは分かるが。
・元長野県議後援会幹部 地元での相手候補の評判は決して高くない。26日投票済。
・圧倒的な勝利を!
・秋山郷に一回くらい声を聴かせなきゃだめだ。
・当初より応援している、自分と同じくらいの年寄だが、もう1~2期体に気をつけて頑張ってほしい。
・前回の選挙では立憲民主党が嫌だということで無所属で出られたと聞いている。それを聞いたときは「篠原さんの足元は大丈夫なんだろうか。それだったら共産党に入れようか。」とも思った。今回は一緒になっていると聞いて安心して投票できる。