メイン

2012年03月09日

TPP交渉参加を絶対阻止するための街頭演説会・デモ行進・国際シンポジウムについて-お知らせ-

PP交渉参加を絶対阻止するための
街頭演説会・デモ行進・国際シンポジウム
~ STOP TPP!! ~

目的
日本政府はTPP参加各国との事前協議を進めております。野田総理は、「TPP参加各国が、日本に求めるものについて情報収集を行い、国内的議論を経て、交渉参加表明をするかどうかの結論を得ていく」と国内外に発信しております。ところが、実際にはほとんど情報が公開されていないのが現状です。
そこで、3月12日にニュージーランド・米国・韓国から国会議員・学識者・市民団体をお招きし、国際シンポジウムを行います。TPP交渉への参加は、日本の将来を決定的に左右するものであり、参加表明前に徹底的な国民的議論が必要です。
国際シンポジウムに先立ちTPP参加に反対する国会議員・学識者・市民団体・ジャーナリストなどの有志による街頭演説とデモ行進を行います。奮ってご参加ください。

1.街頭演説会
開催日時  平成24年3月12日(月) 12:00~13:00
開催場所  有楽町イトシア前
弁士  日本・韓国・ニュージランド国会議員と学識者、米国市民団体、
カレル・ヴァン・ウォルフレン他著名ジャーナリストを予定
広報手段 主としてSNS,facebook,twitterや個人のブログ・掲示板などネットを利用して広く国民に知らせる(各位 大拡散をお願いします)
※終了後、日比谷公園に移動し、デモ行進実施

2.デモ行進
日程 13:15~ 日比谷公園霞門前に集合
ルート 日比谷公園(13:30霞門を出発)→霞ヶ関1→霞ヶ関2→財務省上→  官邸前→衆議院議員面会所(請願提出)→麹町中学校前(14:30解散)

3.国際シンポジウム
開催日時  平成24年3月12日(月) 15:00~17:30
開催場所  砂防会館 千代田区平河町2-7-1


主催:TPPを考える国際シンポジウム実行委員会(山本:TEL03-3288-1154)

2012年02月24日

特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブ第二回講演会出演のお知らせ

 このたび、篠原代議士が、特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブさんの第二回講演のゲストとして招かれることとなりました。 ジャパンイニシアチブさんは、県内の他の先生よりご紹介を受けた、『政治と民意を直接つなぐ』をコンセプトにして活動中の政策提言シンクタンクです。 NPOとして発足したのは、昨年の6月だそうで、これからどんどんと活動する予定だそうです。

日 時 : 平成24年2月28日(火)18:00~19:30
場 所 : 憲政記念館(定員100名)
       東京都 千代田区永田町1-1-1

原発・放射能・TPP ~今そこにある日本の危機~

1時間ほどお話しののちに質疑応答の時間も設けられています。

ご関心のある方は

ジャパンイニシアチブさんのHPからご登録ください。

特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブ第二回講演会出演のお知らせ

 このたび、篠原代議士が、特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブさんの第二回講演のゲストとして招かれることとなりました。 ジャパンイニシアチブさんは、県内の他の先生よりご紹介を受けた、『政治と民意を直接つなぐ』をコンセプトにして活動中の政策提言シンクタンクです。 NPOとして発足したのは、昨年の6月だそうで、これからどんどんと活動する予定だそうです。

日 時 : 平成24年2月28日(火)18:00~19:30
場 所 : 憲政記念館(定員100名)
       東京都 千代田区永田町1-1-1

原発・放射能・TPP ~今そこにある日本の危機~

1時間ほどお話しののちに質疑応答の時間も設けられています。

ご関心のある方は

ジャパンイニシアチブさんのHPからご登録ください。

2011年12月13日

“皆川レポート”出版される「被災、石巻五十日。」-11.12.13-

 私が農林水産副大臣だった時の秘書官、皆川治が3月11日、石巻市で被災し、その後、石巻市役所を手伝いつつ、農林水産省に詳細なレポートを送ってきていたことは、以前ブログに書いた。被災地石巻の視察 -11.04.17-
 その皆川レポートが、今月ついに出版され、私も推薦文を寄せている。
 ご関心ある方には、ご一読いただければ幸いである。


皆川レポート2img039.jpg

続きを読む "“皆川レポート”出版される「被災、石巻五十日。」-11.12.13-" »

2011年09月06日

TV出演のお知らせ

明日9月7日(水)の下記番組に しのはら孝 が生出演します。

番 組 : BSフジ LIVE PRIME NEWS
日 時 : 9月7日(水)夜20時00分~21時55分(生放送)
テーマ : 「原発事故から半年近く…福島に戻るために植物による土壌の放射線除去、福島県の除染活動の必要性とは」

 福島原発事故から半年。しかし国による除染は始まったばかりで、より効果的な方法をいまだ模索している状況です。
 「計画的避難区域」である福島県飯舘村では、農水省による除染実証実験が行われてはいるものの、具体的な事態収束までの道のりは不透明。村民はいつ帰れるかわからぬまま避難生活を送っています。
 そこで飯舘村は国の指示を待たずに「2年で帰る」と帰村プロジェクトを掲げ、自ら除染作業を指導し、その結果生じる放射性物質を含む廃棄物も村で一時的に管理するという施策を打ち出しました。
 国が具体的な施策を決定する前に、自治体主導で村を再生させようとする飯舘村長の思いとは? 福島の地に帰るためにはどのような除染方法、施策が必要なのか? 国と自治体はどのように役割を分担すれば、汚染された地域を住民が安心して暮らせる状態に復旧させられるのか?
 飯舘村の具体策を見ながら、除染の必要性とその可能性について2時間の生放送で討論します。是非、ご覧ください。

キャスター: 反町理(フジテレビ報道局政治部長)
       八木亜希子(元フジテレビアナウンサー)
解説キャスター: 山本周(フジテレビ解説委員)
出 演 : しのはら孝(衆議院議員)
       菅野典雄(福島県飯館村長)
       田中俊一(放射線安全フォーラム副理事長)

放送局 : BSフジ(BSデジタルチューナー内蔵テレビ、ケーブルテレビ、スカパーにて視聴可)