メイン

2006年06月15日

長野市後町小学校の皆さんが議員会館にやってきました

長野市立後町小学校の皆さんが、修学旅行で国会見学にやってきました。
国会議事堂内を見学する前に、私の議員会館を訪問してくれました。

私が委員会で質問しているビデオを見てもらい、国会での仕事ぶりなどを話しました。
私の話に熱心にメモをとっているなど、真面目な訪問者の皆さんでした。

2006年06月14日

米国産牛肉の輸入再開に反対する集会の司会をしました

6月13日午後4時から、国会議事堂の直ぐ近くの憲政記念館で、「拙速な米国産牛肉の輸入を止める国民大集会」が野党4党の協力で開催されました。標準語をキチンと喋れない私が司会をおおせつかりました。講演は長野弁でも許されても、700人もの参加者には失礼に当たるのではないかと少々緊張しました。

060613BSE01.jpg

続きを読む "米国産牛肉の輸入再開に反対する集会の司会をしました" »

2006年06月12日

民主党パーティ前進2006

 私は、政治資金集めのパーティ(いわゆる「励ます会」)は開いたことがありま
せん。
高校時代の友人が総支配人を務める東京・錦糸町ロッテ会館で二度、内輪の国政報
告会パーティを会費(5千円)で開いただけです。全国後援会として会費3000円で
支 えていただいているのがあるくらいです。野党議員も1期生でも政治資金集めのパ
ーティを開いている者もいますが、私は、とりあえず、歳費と政党助成金、そし
て、自 主的なカンパでやってみようと思っています。

 しかし、民主党の資金集めのパーティには、20枚(すなわち40万円)のチケット
を売 ることが義務づけられます。昨年は10枚で、今後当選回数を重ねる度に増えていき
ます。押鐘全国後援会副会長はじめ、東京の友人・知人の皆様に購入していただ
き、 やっとノルマを果たしましたが、そもそも自分のパーティをしていないので、いつ
も四苦 八苦しています。

 ただ、嬉しいことに、偽メール事件があり民主党はあれだけゴタゴタしたのに、
昨年 を上回る多数の方に出席していただき、熱気が満ち溢れていました。新生民主党に
対する期待の表れだと思います。

 長野から望月秘書が偶然参加しました。他にも思いがけない人にも会い、二次会
で は、お世話になった方に義理を果たすことができ、ほっとしました。
 5月29日からの週は、珍しく5月30日(火)の環境委員会しか質問がなく、私も久
しぶ りにゆったりした気持ちになれました。今国会は延長もないようで、あと2週間
余、気を 引き締めてきちんと対応しようと思います。


2006年06月09日

【メルマガ】政治家と年齢

【50人対10人未満】
 自民党の総裁選に関連して、5月1日の各紙に50歳以上で当選した遅咲きの自民
党有志議員でつくる「知命立志会」(クローニンの会)が、福田康夫会長の下に開
催 されたと報じていました。前回に比べ約30人から約50人に増えたそうです。民主党
の衆議院議員はとみると、私の同期議員が都市部の50代の人を中心に、約半分が
落選し、激減してしまいましたので、10人もいないはずです。それだけ民主党は若
く から国会議員になっているのです。

【頑張る団塊の世代】 
『国会議員要覧』の生まれ年表でみると面白いことがわかります。前回は違った
の に、何と国会でも団塊の世代が幅をきかしているのです。
 生まれ年で1番多いのが昭和23年24人、2番目が昭和22年の19人、3番目が昭和
24年の17人なのです。なお、3位は、昭和19年、20年、27年、28年、33年と6年次
が ありますが、上位3年で括ると、24+19+17で計60人と団塊の世代が最多なのです。
くしくも人口構成を反映していることになります。

続きを読む "【メルマガ】政治家と年齢" »

2006年06月01日

【メルマガ】国会を黄色に染めよう!私の「菜の花プロジェクト」

katudo_060428.jpg
昔は春の風物詩として菜の花畑がどこでも見られ、日本人にとっての原風景でした。また菜種は、ナタネ油の搾りかすは肥料や飼料に・廃食油は軽油に代わる代替燃料(BDF)に使われるなど、循環社会の象徴でもあります。
国会には、循環社会を考えようと、菜の花議員連盟というのが2002年7月にできています。

私は、菜種の見直しを図るために、さらに国会の周辺を菜の花で埋め尽くそうと考えました。そこで、昨年の夏に、秘書と一緒に菜種を採りに行きました。
国会の議員会館の裏手には空き地が点在しているのですが、その中で私が予てから目をつけていた、菜の花が群生している所がありましたので、そこで菜種を採取しました。この地域を巡回しているお巡りさんもびっくり、怪訝そうな顔をしながらも「ご苦労様」と言って立ち去っていきました。
しかし、間の悪いことに採取を終えて、塀を乗り越えて出ようとしているところを旧知の政治評論家の鈴木棟一氏に見つかってしまい、さっそく夕刊フジ(首都圏の駅などで販売されている夕刊紙)のコラムに取り上げられてしまいました。
その後、しばらく事務所に置いて乾燥させていました。しばらく事務所の中は、草刈後のような匂いが漂い、来客の皆さんも不思議そうな顔をするので、袋いっぱいの菜の花を見せながら説明をしていました。

秋の総選挙の後、再選を果たせたので、会館を管理する事務局に承諾を求めました。
秘書が電話をして「議員会館の周りに菜の花を植えようと思うのですが、よろしいですか?」「菜の花ですか?」と事務局でも戸惑い、課長さんが事務所に飛んできました。そこで、菜の花は循環社会の象徴であり、会館の周辺の景観にもよいからぜひ蒔かせてほしいと話したのですが、「前例がない」ということで難色を示しました。
いろいろ交渉した結果、「こちらは勝手に蒔く、それについて止めはしないが協力もしない」ということで決着?をみました。

そこで、11月18日の夕刻目立たなくなってから、秘書とこれまたこっそり会館の周りの土手に蒔きました。しかし、緑地帯は崖になった急斜面上がほとんどなので、土を掘って埋めることが難しかったので、止む無く、斜面の上から蒔くしかありませんでした。ただ、一部平地などもありましたから、土を掘って埋めたりしました。

そしてこの春、私のいる第1議員会館の会議室棟からは、きれいな黄色の花を付けた菜の花がびっしり生えてきました。残念ながら、土を掘らなかったので、種が斜面上を流れたため、崖の下のほうに偏ってしまいましたが、それでもしっかり咲いています。また、土地が痩せているのか、陽はよくあたるのですが、茎も細いか弱い菜の花でした。
それでも会議室からの眺めはなかなかのものです。やはり景観にもとっても効果のある花です。
民主党の農政改革基本法案が本会議に上程された時には仲野博子議員が、私が会館の周りに菜種を蒔いた話を紹介しました。農水委員会では私が答弁に立った日にも紹介しました。また、環境部門会議が終わった後に、皆さんが菜の花を眺めながら、盛んにこの取組みをほめてくれました。
「もっと大勢で菜種を収穫して、来年はもっと大大的に菜種を植えましょう!」とも言ってくれて協力を申し出てくれている同僚議員も現れました。
皆さんも春に国会裏の議員会館を訪れる時があれば、辺りを見回してください。きっと黄色の小さな花を付けた菜の花がいっぱいになっている光景を目にすることでしょう。