メイン

2014年03月14日

農業・農家・農村をないがしろにする日本―農業過保護は50年前の話-予算委員会報告8 (兼TPP交渉の行方シリーズ17) 14.03.14

<規模拡大の進まない耕種農業>(予算委資料6)
 前回ブログのとおり、耕種農業では規模拡大は遅々として進まない。日本の平均経営面積が0.88haから2.3haに拡大したが、アメリカは73倍(170ha)、オーストラリアは1304倍(3025ha)と足元にも及ばない。英(84ha)、仏(54ha)、独(56ha)にも遠く及ばない。アメリカのとうもろこしの栽培面積35万k㎡は、日本の総面積37万k㎡とほぼ匹敵する。
 輸入金額では飼料用穀物が約5000億円と豚肉を凌いで農作物では最大である。輸入量は1197万tに達し、これを生産するのに必要な面積は、163.2万haと日本の総耕地面積465万haの約3分の1に当たる。
 つまり、規模においてはとても諸外国と肩を並べるような農業経営というのは無理なのだ。

続きを読む "農業・農家・農村をないがしろにする日本―農業過保護は50年前の話-予算委員会報告8 (兼TPP交渉の行方シリーズ17) 14.03.14" »

2014年02月18日

「TPP:決裂して中断か、ごまかしだらけの大筋合意か」予算委員会報告5(兼TPP交渉の行方シリーズ15) -14.02.18-

 2月15日、舌癌の手術を終えていれば病み上がりの甘利TPP担当大臣が訪米した。2月22~25日にかけて行われるTPP閣僚会議(シンガポール)に備えて最後の詰めを行うためである。私からみると、フロマンUSTR代表から呼びつけられた感がないでもない。押されっぱなしのTPP交渉を象徴するようなことといえる。
 会談後、日本の農産物関税の撤廃について「両国の立場の隔たりを狭めることの重要性について」合意したと発表。アメリカの関心の高い日本側の自動車市場開放については「いまだに立場の隔たりが残されている」と強調。何のことはない。さして進展が見られなかったのだ。

続きを読む " 「TPP:決裂して中断か、ごまかしだらけの大筋合意か」予算委員会報告5(兼TPP交渉の行方シリーズ15) -14.02.18-" »

2014年02月05日

責任野党よりも責任与党 -変な言葉遊びに惑わされるな- 予算委員会報告その3 -14.02.05-

 安倍首相が突然変なことを言い出した。「責任野党」という言葉である。首相は、民主党の首相たちもそうであったが、変な造語なり言葉で国民の関心を引こうとする傾向がある。言葉遊びが過ぎて、意味が分からなくなり、何を言っているのか分からない。

<ダーツの地球儀外交?>
 今回の質問の時も「地球儀外交」について一言嫌味を付け加えた。地球儀は英語でGlobe(グローブ)である。それを外交と結び付けるとGlobal外交である。外交はそもそもGlobalでありDomestic(国内の)外交などあるはずがない。
 首相に就任以来1年間で15回外遊し、30か国に行き、述べ150回首脳会談をした、と施政方針演説で誇示している。地球儀外交というのは、あまりにあちこちに行きすぎ、今後どこの国に行くのか分からなくなってしまったので、地球儀を回して止まったところに行くダーツの旅もどきの外交をすることなのか、と嫌味を言っておいた。

続きを読む "責任野党よりも責任与党 -変な言葉遊びに惑わされるな- 予算委員会報告その3 -14.02.05-" »

2014年02月04日

安倍首相は小泉元首相の進言「脱原発」を聞くべし 予算委員会報告2 -14.02.04-

 小泉元首相が意を決して老骨に鞭打って活動しだしたのは脱原発である。前回のブログにも書いたが、小泉元首相はオンカロに行って思いついた訳ではない。それをTVの前でも閣僚にもきちんと伝えるべく、私の『原発廃止で世代責任を果たす』という本を少々見せながら質問をした。
 そこで安倍首相に強調したのは「誰のお陰で首相になれたのか、その恩義に報いるべく言うことを聞くべきだ」ということである。
 自民党の総理総裁の条件は、かねてから「大臣3回、そのうちに1回は財務相(蔵相)か外相、党3役を1回、当選回数10回前後、年齢60歳前後」と言われてきた。もちろん、72歳の宮澤喜一首相、53歳の田中角栄首相等もいるが、自民党の黄金時代つまり「三角大福中」の時にはこの条件をほとんどクリアしていた。ただそれ以降は、小泉元首相も蔵相も外相も経験しておらず、どこか欠けた人が大半で、やはりどこかピリッとしない首相が多い。

続きを読む "安倍首相は小泉元首相の進言「脱原発」を聞くべし 予算委員会報告2 -14.02.04-" »

2014年02月03日

原発と東京オリンピック 予算委報告1 -14.02.03-

<森元首相のいつもの大きな失言>
 森喜朗東京オリンピック組織委員長が、東京都知事選で原発問題が争点となっていると捉え、原発ゼロなら電力不足で東京オリンピックを返上しなければならないととんでもない発言をし出した。森元首相は小話の上手で聴衆を笑わせるコツを心得ている老練な政治家であり、愛すべきひとだ。しかし、「神の国」発言ではないが、少々度が過ぎることがある。今回もその類のものであり、また言っているとの感が拭えない。
 また、「原発がないと日本はやっていけない」という大合唱が電事連(電力業界)、財界から聞こえてくる。火力発電用の化石燃料の輸入が3.6兆円増えているというデマも盛んに流している。森発言は、それに追い打ちをかける大嘘の脅し発言である。

続きを読む "原発と東京オリンピック 予算委報告1 -14.02.03-" »