メイン

2009年08月17日

政権交代でしか実現できない日本がある-09.08.17-

長野を変えます。政治を変えます。日本を変えます。
自民党政権下では前年を踏襲した予算が組まれ、国民が今、本当に必要なところにお金がまわっていません。
民主党は必要なものは増やし、そうでないものは削る。
明確な基準で全てを組み替え、あなたの暮らしを良くします。

<5つの約束>

続きを読む "政権交代でしか実現できない日本がある-09.08.17-" »

歴史的選挙を迎えて-09.08.17-

<もういくつ寝ると投票日>
待ちに待った第45回総選挙である。
 解散後に会った菅直人代表代行は、「『もういくつ寝ると投票日』の感じで、指折り数えて投票日を待っている」と素直に言った。何度も途中でこけた政権獲りの失敗を思い起こしたからであろう。かくいう私もまた、4年前の悪夢が甦ってきて不安であった。7月28日、マニフェスト案が500人の報道陣の前で鳩山由紀夫代表により公表された。そして、それらしきこと、すなわち「米国との自由貿易協定(FTA)の締結」という文言が入り、その夜から私の携帯電話は、同僚議員、日本農業新聞の記者、農業関係者からの問い合わせ(?)で鳴りっぱなしだった。大打撃である。これについては後述する。
 これ以上のことが起こるのではないかと心配していたが、8月17日までは今のところ大過はない。代表の発言がブレたとか報じられているが、政権与党にならんとしているからといって何もかもきちんと決まっているわけではない。マスコミの突っ込み過ぎである。

続きを読む "歴史的選挙を迎えて-09.08.17-" »

2009年06月24日

鳩山総務大臣辞任はいびつな郵政民営化に原因あり-09.06.24-

<片手落ちへの世論の反発>
世の常は喧嘩両成敗である。
 ところが、麻生首相は、片方の鳩山総務相のみを切った。形式上は辞任だが、実質上は罷免である。更迭ともいわれる。その結果、国民の眼は節穴ではなく、内閣支持率が大きく下がったのは当然である。麻生さんは、人柄がよく誰の意見も聞いてしまう人だと鳩山総務相は庇った。委員会質疑を通じたわずかな付き合いながら、私もその点は全く同感である。答弁は正直で率直だった。しかし、ずっと支えてくれた側近中の側近を突き放すのは、私の信条に反する。それよりも何よりも、これまでかんぽの宿売却問題を放置しておいた優柔不断さは、トップリーダーとしての資質の欠如としか言いようがない。

続きを読む "鳩山総務大臣辞任はいびつな郵政民営化に原因あり-09.06.24-" »

2009年06月12日

河村たかし名古屋総理(?)の行末-09.06.12-

衆議院第一議員会館538号室の隣が、河村たかし先輩代議士の部屋だった。同い齢、名前も一緒、共通の友人がいる偶然がすぐわかった。
 騒さい隣人はすぐ「おみゃぁ、国会議員年金廃止議員連盟に入らんといかんぞ」と用紙を持って訪れた。年金問題を巡り、既に週刊誌等マスメディアで報じられており、私もよく承知していたので、すぐ二つ返事で「いいですよ」とサインした。

<議員年金廃止の言いだしっぺ>
 「おみゃぁえらい、なんもよう聞かんとすぐサインをしたのははじめてじゃ」(何分、変な名古屋弁なので、正確ではないかもしれないが、まあこんな言い回しだった。)
 それからは、気に入ったとかで初対面の私に5回連続当選するための秘訣とやらを延々と1時間以上のたまわった。自転車に旗を立てての選挙運動、バス旅行での有権者との語らい等押し売り説教であり、TVタックルの乗りそのものであった。もうキャラクターとして定着してしまっているのだろう。

続きを読む "河村たかし名古屋総理(?)の行末-09.06.12-" »

2009年04月24日

日本の従属的態度とカナダの独自政策  国会質問報告 在沖縄海兵隊グァム移転協定 2回目  09.04.24

 前回、同協定について4月3日の第一回目の質疑については報告したが、その後、外務委員会で6日(月)沖縄米軍基地の日帰り視察を行い、8日(水)に参考人質疑を行った。
 続く4月10日(金)に二回目のこの協定について質問を行ったので、その要旨について報告したい。

【米軍の抑止力】
 前回の外務委員会の参考人招致で、他の委員が「同協定により、日本の駐留米軍8千人がグァムに移ることになる。抑止力が落ちてしまうのではないか」 財団法人平和・安全保障研究所理事長 西原正参考人に質問をした。「韓国の軍隊の能力がアップした、対して、北朝鮮の軍事レベルがダウンした。だから心配ない」と返答であった。しかし、これはおかしな話である。相当なお金を日本の防衛力にアップにつぎ込んできている。だったら日本の防衛力がアップしているからアメリカに頼らなくてもよくなったのだという返答があっても当然なはずだ。この点について中曽根外務大臣、北村防衛副大臣にも質した。しかし、答弁はこの事実を認めず、あくまでも日米安保のもと引き続き米軍の抑止力を維持するというあいまいな返答であった。

続きを読む "日本の従属的態度とカナダの独自政策  国会質問報告 在沖縄海兵隊グァム移転協定 2回目  09.04.24" »