メイン

2008年08月13日

古賀自民党選対委員長の任期満了選挙発言の真意 08.08.13

<都議選で国政日程が決まる不思議>
 内閣改造が終わり、解散総選挙に争点が移っています。不思議なことにこの大事な政権交代になるかもしれない解散総選挙をいつやるかということについて、常に出てくるのが東京都議選です。公明党にとっては負けられない大事な選挙だから、それよりも数ヶ月前に国政選挙が終わっていなければならないという理由で、公明党は年内及び年始、通常国会冒頭の解散を強く主張しています。そして公明党の支援がなければ当選できない100人あまりの自民党議員がいるため、自民党はそれにひっぱられているという状況です。
 どこの新聞も政治評論家もマスコミも指摘しませんが、国政選挙がいかに首都とはいえ、東京都の都議会議員選挙との兼ね合いで考えられ、かつ一政党の都合で決められるというのはもっての他だと思います。公明党と自民党が与党連立政権ということで、色々政策について影響しあうというのは当然のことだと思います。もちろん少数政党の公明党がリードする場合もあってもいいと思います。しかし、次の臨時国会の招集日、それに続く解散選挙に関することまでは、公明党の都議選の絡みというのは度が過ぎており、本末転倒とはこのことかと思います。景気対策やテロ特措法の延長等難問が山積みの臨時国会ですし、国民の総意を問う選挙です。国政をどうするのかということが優先されなければなりません。

<公明党は平和と福祉の党に戻るべき>
 最近の公明党、ずっと政権与党にいました。気をつけなければならないことがあります。今まで自民党と一緒になったあるいは、自民党の政権維持に協力した小政党で今も生き残っている政党は一つもありません。社会党しかり、自由党、保守党、皆なくなりました。そういうジンクスがあるということも肝に銘じてもらわねばなりません。
 公明党の主張には非常に共感を持てるものが多くあります。正直言いますと我が民主党の政策には、これは理想に走りすぎ、というものがありますが、公明党の政策をじっくりみると違和感を覚えるものはほとんどありません。
公明党が本当に平和と福祉の党であるならば、公明党は立派な政党として生き残っていけます。日本の政治を変えるためにも公明党が立党の原点に返ることを望まずにはおれません。

続きを読む "古賀自民党選対委員長の任期満了選挙発言の真意 08.08.13" »

2008年03月19日

緊急報告:日銀総裁人事の迷走08.03.19

3月18日夜記
<元財務次官提示の予測>
 私は、毎月曜日、7時45分から8時15分 長野駅前で街宣しています。3月17日の朝はまず、民主党の主張する、財政と金融は分離しておかなけばいけないという一般的理由を説明し、混迷する日銀総裁人事に触れました。
次に、今日か18日には総裁候補どなたかの名前が提出されるだろうが、自民党のいつもの手口からして、民主党がまた再びNOと言わざるを得ない人をぶつけてくるのに違いない。一番ありえるのは、違う財務省の次官経験者ではないか。それは適任とか不適任とかではなく、目的は民主党を再び困らせ、拒否させることにあると予測しました。

続きを読む "緊急報告:日銀総裁人事の迷走08.03.19" »

2008年01月23日

解散総選挙の見通し08.01.23

<4つの解散時期>
解散総選挙については、2007年の年末というのが一番早く取り沙汰されました。二番目が、一月上旬の新テロ特措法の再議決に対して、民主党が問責決議案を出し、それに応えるかたちで衆議院解散総選挙。しかし、この二つともありませんでした。次に予想されているのが、3・4月です。予算が可決され、予算関連法案、特に租税特別措置法で問題になっている暫定税率の維持に民主党は反対することになっています。予算は衆議院の先議・優先が認められていますが、法律は対等です。ですから参議院で否決されたら、これを通すには新テロ特措法と同じく衆議院は三分の二の議決をしなければなりません。いわゆる日切れ法案で、3月31日までに租税特別措置法が通らなければ、4月1日から暫定税率が廃止されることになります。その結果は民主党が言っているとおり、ガソリンが1ℓ当たり25円下がります。そのすったもんだの際に解散総選挙というのが言われています。そして4番目は洞爺湖サミットの後ということで、秋とも言われています。

続きを読む "解散総選挙の見通し08.01.23" »

2007年11月28日

党首会談・大連立・小沢辞任撤回騒動について(その4)07.11.28

<大阪市長選の民主党の勝利>
有権者は非常に正直ではないかとつくづく感じました。福田内閣発足後、最初の大きな首長選挙で、民主党が勝利しました、北九州市・福岡市の市長選から始まって、民主党が対抗馬を立てた主要な首長選は勝利しています。参議院選挙のように、一人区 農村部で民主党は相当支持を得ていますが、都市部の支持も前回の小泉劇場の選挙から比べると、着実に回復しているのではないかと思います。

続きを読む "党首会談・大連立・小沢辞任撤回騒動について(その4)07.11.28" »

党首会談・大連立・小沢辞任撤回騒動について(その3)07.11.28

<小沢代表記者会見>
ナビゲーターの着いた車ですので、私もちらちらテレビの記者会見を見ながら支持者訪問を続けました。小沢さんは口下手です。ああいう時はいつも紙に書いてきてでっかい声で読み上げます。いつものスタイルです。しかし、ちょっと違うなと思ったことがあります。身柄を党の幹部に預けたというので、これは撤回の余地があるなと直感しました。
 詳細は省きますが、私もそれなりに関係者にTELやFAXをしました。そして、やっと撤回し、収まりました。新聞・メディア批判はおやと思いましたが、自らが連立をしかけたといった報道に余程腹に据えかねたのでしょう。

続きを読む "党首会談・大連立・小沢辞任撤回騒動について(その3)07.11.28" »