メイン

2013年02月13日

選挙戦術における2つの失敗―離党者への対抗馬擁立と安住幹事長代行の踏み絵発言―(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その8)13.02.13

<強引な政権運営が招いた離党者続出>
 民主党の分裂、ゴタゴタが民主党のイメージを大きく損ねたことは明らかである。もっぱら出て行った人を責める風潮があるが、内部にいた私としては出て行った人たちを責める気持ちにはなれない。なぜかというと、純粋で真面目な人たちだからこそ、民主党らしさを捨て去った政策や強引な政権運営・党運営に我慢できずに出て行ったのである。野田執行部がハンドリングを間違っていたのである。最初の中後淳、斉藤恭紀の離党のきっかけは、党の提言であるTPPを慎重にすべしというのを無視した、野田首相の前のめり発言だった。消費増税で離党者が続出したと思われているが、最初は他ならぬTPPであり、その後の「きづな」の内山晃の離党もTPPが主因だったのである。かくして衆議院308議席が選挙前には230余に減っていた。

<愚かな全選挙区立候補>
 そもそも党議拘束をかけ、そしてそれに違反した人たちに対して党員資格停止、離党勧告というのは日本だけの愚かなことであり、他の国では行われていない。このことは既に別のブログ(「党議拘束違反で分裂、離党の大騒ぎは日本のみ―12.07.17」)で述べた。まして、小泉純一郎のように刺客まで送り込み選挙で落とすという愚かなことは真似すべきではないことだと思っていた。ところが今回、民主党執行部は、ほとんど誰一人として当選の見込みもないにもかかわらず、離党でできた空白区に候補者を立てるというもっともらしい大義名分のもとに、元の仲間に容赦なく民主党の候補者を送り込んだ。その数は50名近くに達している(別表「民主党離党者に対する民主党対立候補一覧」参照)

 私はこんなにも大量に嫌味なことをしているとは、選挙が終わって新聞で全国の選挙結果を見るまで知らなかった。

続きを読む "選挙戦術における2つの失敗―離党者への対抗馬擁立と安住幹事長代行の踏み絵発言―(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その8)13.02.13" »

2013年02月08日

民主党幹部のTPP前のめり発言で農村部・地方の小選挙区はほぼ全滅(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その4)13.02.08

 12年秋、解散総選挙が遅くとも10か月以内にあるということは確実な情勢だった。熟度の高い政治家なら誰しも選挙に悪影響を与える発言を控えるのが常識である。それを我が党の幹部は違っていた。日本全国の農民が極度の不安に陥っているというのに、オバマ大統領再選の後、岡田・前原・玄葉・枝野のTPP推進4閣僚のTPP交渉参加前のめり発言が相次いだ。普通ならば、野田首相以下が示し合わせて発言しているはずだが、どうもそうでもなく、それぞれ勝手に見解を述べていたようだ。後述するように、政権奪取した自民党の閣僚が余計な発言を一切しないのと好対照である。
 枝野経産大臣は、「大局的視点にたち、私としては現政権が大きな決断を早急に行うべきだと考えている」と述べた。しかし数日後、「今すぐ新たな判断ができる状況ではない」というぶれる発言をすることになった。不安におののいている農民も国民も、またかということで聞く耳を持たなくなっていった。

続きを読む "民主党幹部のTPP前のめり発言で農村部・地方の小選挙区はほぼ全滅(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その4)13.02.08" »

2013年02月07日

羽田元首相が予測した民主党政権の混乱(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その3)13.02.07

―政権交代後の1回目の総選挙を勝ち抜くために君の助けが必要だ―

<1996年秋 衆議院出馬要請>
 今、私は4回目の選挙を終え、幸いに議員を続けている。他の国会議員の皆さんも様々な経緯を経て政治家になったのだろうが、私の場合は多分特殊なケースであろう。全面的受身の形で政治家になっている。あまり信用されないかもしれないが、私は真面目な公務員で、故郷との絆を断ち切りがたく農林水産省に入省した。ほとんどが農家で占められていた、周りの人たちがうまく暮らしていける手助けができればと思ったからである。
 私に初めて自分たちの陣営で政治家になってくれと話があったのは、1996年のはるか昔だった。羽田孜元首相と堀込征雄衆議院議員の二人ともいわゆる農林族、前々からよく知っていた。当然のことながら逃げまくった。しかし、8年間のストーカー行為(?)の後、やむを得ず出ることになった。2003年秋のことである。私は数少ない、世に知られざる「羽田チルドレン」なのだ。

続きを読む "羽田元首相が予測した民主党政権の混乱(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その3)13.02.07" »

2013年02月05日

民主党の解党的出直し-民主党の再生は、野田前首相の議員辞職と党名変更から始まる-(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その1)13.02.05

 私は、2011年の夏頃より民主党の危機的状況を憂い、何とかして民主党をしっかりした党にしたいと汗をかいてきた、そして昨年末の突然の解散・総選挙の間もずっと民主党の再建に思いを巡らせてきた。その間、メルマガ・ブログもずっと発信せずにいたことをお詫びしなければならない。さぼっていたわけではなく、ずっと考え続けていたからだ。年末年始休みを経て、ようやくその一部をまとめた。
 私の「12年総選挙総括・民主党再生案」について、今日から連日シリーズで10数回お届けする。

<海江田新代表選出>
 308議席から70数名が離党し234議席しかなかった上に、その4分の1の議席に減ってしまった大敗北。全く勝機もない向こう見ずの解散について、野田前首相はほとんど説明せず、黙って知らばっくれている。無謀な解散を煽った岡田、前原、玄葉、安住等も知らん振りを決め込んでいる。民主党の無責任体質が見事に表れている。
 更に、12月19日の両院議員総会(公開)で22日代表選出という日程を決めようとしたので、私は今回の大敗北をもっとしっかり反省し、時間をかけて代表を選ぶべきだと異議を唱えた。私の提案への賛同者が相次ぎ、22日は反省のための両院議員懇談会(非公開)となり、代表選は延期された。そして、25日に代表選をすることになり、代表には野田執行部でなかった海江田万里が選ばれた。
 一連の動きは、いかに野田執行部が横暴を極め、ガバナビリティーに欠けていたかを如実に示している。第三者に大敗北の総括を委ねることにして、とりあえず、海江田新代表の下、民主党の再生・再建に向けて走り出した。

続きを読む "民主党の解党的出直し-民主党の再生は、野田前首相の議員辞職と党名変更から始まる-(12年総選挙総括・民主党再生シリーズ その1)13.02.05" »

2012年11月30日

世襲制限よりも在職年齢制限と被選挙権の引き上げが必要 12.11.30

 民主党の執行部は、特にマニフェストをさすのであろうが、党議に賛成しなければ公認しないなどと言い出した。突然のことである。もう一つ急に強硬なことを言い出したのに、世襲の制限がある。そして、羽田雄一郎国土交通大臣は、参議院から衆議院長野3区への鞍替えを断念した。前者については、際どい事もあるので、今回は触れるのをやめておく。世襲制限については、いろいろ考えることがあるのでまとめておく。

<本当の世襲と単なる鞍替え>
 民主党の世襲制限は、決めたこととはいえ、非常に偏ったルールである。同一選挙区で息子なり妻が続けて選挙に出ることを禁止している。したがって羽田大臣の場合でいうと、13年前に羽田孜元総理(衆議院議員)の息子が急遽同じ県内の参議院に出馬しても世襲に当たらない。しかし、13年前こそ世襲であって、今回は、大臣まで経験した参議院議員が「鞍替え」するだけで、親の七光りで選挙するわけではない。結果として、世襲となるだけで、世襲の程度はずっと軽いような気がする。

続きを読む "世襲制限よりも在職年齢制限と被選挙権の引き上げが必要 12.11.30" »