メイン

2012年09月24日

前途多難な野田民主党の再出発 -12.09.24-

<野田代表の圧勝も前途多難>
 9月21日今後3年間の民主党の代表を決める選挙は、野田現職代表の圧倒的な勝利という結果となった。
当初から内閣・党の幹部は次々に野田再選支持を口にし、選挙をやらないというようなムードであった。前々回のブログのとおり、我々は民主党復活会議でこの代表選を民主党の党勢回復のチャンスと捉え、代表選に持ち込もうとした。代表選になったはいいが、盛り上がりに欠け、野田現職代表の圧倒的勝利となった。今日9月23日、輿石幹事長の留任も正式に決まったと報じられている。
 しかし、民主党の前途は多難である。自民党の谷垣総裁は立候補せず、3党合意のゆくえも定かでなくなり、近いうちの解散もどうなるか分からないという状況になっている。何よりも政府として困るのは、特例公債法が通らないかぎり予算の執行もできないという大変な事態を迎えることになる。

続きを読む "前途多難な野田民主党の再出発 -12.09.24-" »

2012年09月16日

代表選中盤報告 -12.09.15-

<山田正彦候補に一旦は決定>
 前回のブログで、「民主党復活会議」で代表選候補者選びをするとお知らせをしたところだが、数日間で大きく状況が変化した。
 まず、9月5日(水)復活会議候補者予備選挙の直前の正午、3日(月)に予備選挙立候補者として申し込みのあった、山田正彦、櫻井充両候補が突如記者会見を開き、二人そろって予備選挙辞退を表明したと報じられた。

続きを読む "代表選中盤報告 -12.09.15-" »

2012年09月04日

「民主党復活会議」で代表選候補者選び-12.09.04-

 民主党は、政権交代後3年弱経った今もガタガタである。政権運営に慣れていない未熟な政権与党だから、ある程度は予想されたことであり仕方がない面もある。しかし、混迷の根源的要因は、民主党の政策に、民主党らしさがあまりにも欠けていることにある。

<予想だにしない野田政権の集団的自衛権容認>
 例えば、野田総理が政府が行使を禁じている集団的自衛権について予算委員会で「政府内での議論も詰めていきたい」と述べた。また、PKOで活動中の自衛隊が他国軍や民間人が危険にさらされた場所に駆けつけ、武器を使用して助ける駆けつけ警護などを含め憲法解釈の見直しを検討する意向を表明するなど誰も予想だにしなかったのではないか。これでは、まるで自民党の右寄りの、安倍政権の後を引き継いだように錯覚してしまう。その前に、小泉政権のあまりに新自由主義的な政策に反対して政権を託されたというのに、今、その権化ともいうべきTPPに前のめりになっている。原発に対しても、民主党は抑制的だと思われていたはずが、やたら再稼働を急ぎ、国民から猛反発されている。つまり、民主党は、5年前か10年前の民主党ではなくなってしまっているのだ。

続きを読む "「民主党復活会議」で代表選候補者選び-12.09.04-" »

2012年08月16日

原爆の日に「非核4原則」を考える-12.08.17-

<虚しい政局>
 ヒロシマ・ナガサキの原爆の日の季節、白けた政治が進行中である。野田政権は、「決められる政治」とやらを標榜し、国民に嫌われても正しい政策を実行するという自己陶酔めいた高揚感の下、ひたすら消費増税だけに突き進んでいる。その陰で社会保障の改革は遅々として進んでいない。一方で谷垣自民党総裁は自らの延命のため、ひたすら解散と口走り、国民にも我々にもよくわからない政局行動をとった。やれ不信任案を提出する、解散の約束がなければ参議院では社保税一体改革法の採決に応じないと次々に言い分を変え、やっと念願の党首会談にこぎつけた。
 すったもんだの挙句、8月9日夕刻、不信任案の採決が行われることになった。国民の眼には何が何だかさっぱり理解できないだろう。例によって各党の大演説が続き記名投票に至る間、私は虚しさを覚えながらこのブログを書いている。
 こうした政局のことは報告するのも恥ずかしいかぎりなのでこれでやめる。

続きを読む "原爆の日に「非核4原則」を考える-12.08.17-" »

2012年07月25日

社保・税一体改革への篠原の関与(最終場面中心)-12.07.25

 社保・税一体改革への篠原の関与について、時系列でまとめました。

PDFでこちらからご覧ください