メイン

2008年09月18日

ジュネーブWTO(IPU)会議報告08.09.18

<日本農業の混乱の要因は輸入自由化>
 先の「花の都パリ『外交赤書』」の中にも書きましたが、1993年の12月ウルグアイアイランドの決着では、私が直接担当でもないのに、将来の日本の農業、農政を左右するWTO交渉のことはなるべく気にしないように心がけてきました。しかし、実は一番気になっていました。中国からギョーザを輸入しなくてはならなくなったのも、日本の農村から菜の花が消えたのも、そして日本の地方が疲労しきっているのも、元はといえば、安い外国産農産物や材木のせいなのです。そこにまた追い討ちをかけんとするのがWTO農業交渉なのです。いくら国内政策をがんばっても国境措置が緩かったら全く意味がないのです。
この点が国民一般に理解されていません。農業交渉こそ日本の農家に死活的重要なのです。
 胃が痛くなりかけた頃、幸いにしてインドのナート商工相が農産物の緊急輸入制限をめぐり、とても今の案ではのめないということで決裂しました。急に農産物の輸入が増えたときは、緊急輸入制限ができるようになっていますが、その条件が厳しすぎるという理由です。日本こそ、インドに組していいわけですが、傍観したまま、漁夫の利を得る形で救われました。このままいけば、重要品目(関税引き下げを免まぬがれる品目)が6%となり、メタメタな結果に終わる寸前だったのです。

<二泊四日の海外出張>
 解散総選挙が近づいている中、筒井信隆現NC農林水産大臣の代打で、急遽ジュネーブの各国の議員たちのWTO会議に出張しました、9月11から13日で当初の予定では、9月12日の臨時国会の開会日と重なりましたが、断れない理由がありました。自民党は谷津義男、若林正俊といった農政のプロを出しているのに、民主党は順番の海外出張という無責任。私が怒り改善を求めた手前断れず、選挙間近というのに渋々出かけました。役人時代で最も疲れる出張が3泊5日、それを2泊4日です。いろいろな意味で、国会議員のほうが冷遇されている気がします。参議院の大河原雅子さん(民主党)と市川一朗さん(自民党)の2人と一緒でした。

9.12質問1.jpg

続きを読む "ジュネーブWTO(IPU)会議報告08.09.18" »

2008年05月15日

善光寺の見事な発信―聖火リレーは長野県民・市民のオリンピック精神で盛り上げられたはず―(5月9日外務委員会質問をもとに修正加筆)08.05.15

2008.5.9記
胡錦濤主席が今、来日されています。それに関係して、長野市民、長野県民の気持ちを代弁して、聖火リレーの関係もありますので、訴えを聞いていただきたいと思います。
【長野県から一番多く行った満蒙開拓】
私は、この場でチベット問題等の質問に関係したところでちょっときついことを申し上げましたけれども、中国の人たちに非常に感謝しています。長野県と中国というのは関係が深いんです。私の親戚にもいるわけですけれども、長野県から満蒙開拓団というのがいっぱい行きました。満州は寒いところです。日本国政府もわかっていました。鹿児島の人を寒いところにやったってやっていけませんから、長野県が一番多く満州の北の方に行ったんです。そして、国策に対して非常に素直に従っていて、長野県の大日向村というのは、外務大臣のお友達にもそういう名前の方がおられるようですけれども、村じゅうの半分が満州に行きました。

続きを読む "善光寺の見事な発信―聖火リレーは長野県民・市民のオリンピック精神で盛り上げられたはず―(5月9日外務委員会質問をもとに修正加筆)08.05.15" »

2008年04月27日

― 山口2区平岡秀夫候補の応援 ―08.04.25

08.04.25
【最終盤での応援】
 今月に入ってから週二回のペースで質問していたので、山口2区補選の畏友平岡秀夫候補の応援には残念ながら一度も行ってませんでした。質問を断り、どんづまりになって、今週、馳せ参じました。その前に地元事務所の秘書2人を光市事務所に派遣してあり,私も4月23日から行く事にしました。民主党三幹部揃い踏みが23日とは聞いてましたが、私の行く日と重なりました。数ヶ所で三役が揃い踏みするのだと思ったら、光市だけでした。雨にも関わらず、3000~4000人集まっていたのではないかと思います。

続きを読む "― 山口2区平岡秀夫候補の応援 ―08.04.25" »

2007年12月04日

全国後援会報告07.12.04

11月19日 4回目の全国後援会を開催しました。ご参加くださった方々、今年も全国後援会に入会してくださった方々に心よりお礼申し上げます。幹事の皆様方、いつもながらお疲れ様でした。
実は今回は皆さんがよくやっている2万円のパーティ券を購入してもらう、いわゆる政治資金パーティにしたかったのですが、いろいろな事情でやめました。

続きを読む "全国後援会報告07.12.04" »

2007年12月03日

『花の都パリ「外交赤書」』番外編・・・ボツ原稿「ヒューストン・サミット(1990年夏)と次官人事」より抜粋07.12.03

『花の都パリ「外交赤書」』の書評もインターネットに2つ載り、MIXIに3つほど書かれています。
 私は、パリ以外のものも書き留めていましたし、もっとほのぼのとしたものが多かったのですが、講談社の編集方針とやらで、役人のドタバタ話ばかりになってしまいました。
 元の原稿には1990年夏のヒューストン・サミットの随行の話もあり、そこに、先輩の田中宏尚農林水産事務次官(1956年入省)が海部総理の慰留を振り切って退任することを書いていました。本はパリの話ばかりになり、この原稿は当然ボツになりました。
しかし、今、守屋武昌前防衛事務次官の4年在任が取りざたされ、逮捕という不祥事になっています。そこで、私の敬愛してやまない田中さん退任劇を幾分加筆修正して皆様にお届けします。いつもと比べ長くなりますが、好対照をみていただけたら幸いです。
 『花の都パリ「外交赤書」』をお読みいただいた方はお気づきと思いますが、この本には、これから紹介するような「いい話」はほとんど削除されてしまっています。それを補うべく、ここにお送りいたします。

続きを読む "『花の都パリ「外交赤書」』番外編・・・ボツ原稿「ヒューストン・サミット(1990年夏)と次官人事」より抜粋07.12.03" »