メイン

2006年11月22日

【メルマガ】中川昭一発言核保有論議について 06.11.10記

11月8日安部VS小沢の二回目の党首討論は核保有論議が中心となった。  私自身も傍聴していた7~8m以内で、安部首相がつい本音を漏らしたことが感じられた。45分間というと短い位でいて結構長い。

【中川政調会長擁護論】~軍事安保と食料安保比較~
 中川昭一政調会長は、昔からタカ派である。農政畑では、それなりに交流があったが、日本国全体については、政治家と役人の間であり、じっくり話したことはない。私は私自身の考え方をそれなりに著書にしているが、政治家のほとんどは、励ます会配布用のいわゆる「まんじゅう本」(まんじゅうの代わりに配布するので、この名がついた)くらいしかないので、その考え方はわからない。
 ただ、論議の一貫性、行動の一貫性は認められる。つまり、日本の国の安全保障は軍事的にも自力を旨とすべきであり、核兵器を北朝鮮すら持とうとしているのだから、日本も核を持つことの可能性を含め議論をしていくべきだ、という極めて当たり前のことを言っているにすぎない。農林族の大御所として、食料安全保障の観点から食料自給の必要性を力説するのと同じなのだ。   
                  
≪軍事安保≫ アメリカの核の傘             ⇔     日本も核を持つ
               ll                        ll
≪食料安保≫ アメリカ等から食料を大量輸入   ⇔     日本国内の食料自給を目指す

続きを読む "【メルマガ】中川昭一発言核保有論議について 06.11.10記" »

2006年04月26日

しのはら孝の6つの政策!

長野を変えます。政治を変えます。そして日本を変えます。
そのために、この度、30年の農林水産省勤務の経験を活かして、 政治の世界に足を踏み込むことにいたしました。

まず、自民党政治が混迷を続けています。改革、改革を叫ぶ小泉総理の声もむなしく響くだけです。 抵抗勢力とやらでなくとも、首を傾けざるをえません。

改革はやはり政権交替でなされるべきです。同じ穴の狢同士では遂行できません。 自民党政権では、今日の日本を改革することはできません。 民主党政権に日本の将来をかけるべく、決意を固めました。

続きを読む "しのはら孝の6つの政策!" »